kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

コンサータ却下と、あーとの教室のこと

今日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。

いつものように診察券を出して、2時間待ち。

 

2時間後に病院に戻ると、すぐに診察室に呼ばれました。

日記がわりの気分表を提出して。

台風21号の話と、神経内科でのミオナールの処方の報告と、そのほかにちょこっと世間話もして。

 

とにかく眠い、集中力がない、やる気がないということを書いていたので、コンサータの話も少し出たのですが、多分飲めないだろうということで、却下になりました。

なにせ、薬剤過敏がひどいので…(´・ω・`)

 

とりあえず、コーヒーを100ミリリットルほど飲むと、12時間くらいは少しシャキッとするので、それで様子見することに。

 

神経内科で、ミオナールが飲めたことについて、「あら、珍しい」と言われたことを報告すると、メンタルクリニックの主治医が笑い転げていました(;^_^A

ですよねー、私も笑いましたもんw

 

 特に処方が変わることもなく、とりあえず「生き延びて」ということで診察は終わりました。

 

 

さて、あーとの教室についてですが、先日、日曜日に参加してきました。

今回も、友達のもりちゃんと一緒です。

もりちゃんとはとても話しやすくて(前提とする感覚が同じだからだと思われる)、道中を含め、とにかくすごくたくさんおしゃべりしました。

 

あーとの教室では、いろいろ相談することができたし、いろんなことを教えてもらったし、すっごく楽しかったです!

あと、なんかとても絵が進化したらしく(自分ではちょっとよくわからなかった・笑)、褒めてもらえて、すごくうれしかったです(∩´∀`)∩

 

一か月お絵かきをお休みして、いろんなことを考えて、前進できていてよかった!

これでまた、自信をもって前に進めます(#^^#)

褒められて伸びるタイプなので(笑)

 

自分の進んでいる方向が合っているのかわからなくて、ビクビクしながら進むことがほとんどなので、認めてもらえると自信が持てます。

自分の感覚が人と違うことがわかっているからこその、不安というのか。

「多数派には、これはどう見えるんだろう?」という不安が、常に付きまとうのです。

 

 ただ、自分の感覚が人とは違っていることを知っているということは、強みでもあります。

人と自分の考えは、違って当たり前だとわかっているから、他人の考えを受け入れる準備が整っている。

そこが、強いところかな、と。

 

カフェに来ていたお客さんともお話しできて、とっても嬉しかったです。

絵について、目の前で感想をもらえることって、ほとんどないですから(*^^)v

 

あーとの教室に行くと、とてもたくさんの良い刺激をもらうことができます。

他のアーティストさんの絵をみたり、描いている姿をみるのも、とても刺激的です。

なんというか、感性が研ぎ澄まされていくような、別世界に入ることができるような、そんな感覚です。

考えることも増えますが、精神的にリフレッシュする部分があるのも、確かです。

なんだろうな、この感覚。

言葉でうまく言い表せません。

 

 いっぱい刺激を受けて、もりちゃんとたくさんお話して、とても充実した1日でした。

これからも、ぼちぼち絵を描いて、もっと進化したいです。

なめなめ、ゆーっくりではありますが、着実に前進していきます( ´ ▽ ` )ノ

珍しいって…(笑)

今日は、医大神経内科の通院日でした。

朝からバスに乗ったのはいいんですが、久しぶりにとても酔いました。

自分で自分に「酔ってない!大丈夫!」と無理やり言い聞かせて、なんとか病院までたどり着きました(;^_^A

 

たぶん、薬の副作用で胃が気持ち悪いのが原因だと。

あと、やたら暑いんですよね…。

血行が良くなる効果があるので、当然と言えば当然なんですが。

 

医大にも、先日の台風の爪痕が残っていました。

外の通路の屋根が、剥がれ落ちていて、下からつっかい棒がされていました(;^ω^)

 

前回、「次の診察は混んでるよ」と言われていたのですが、本当に混んでいました(;^_^A

いつもより、1時間も余計に時間がかかってしまいました。

 

診察では、前回追加されたミオナールについて、「効きすぎるけど、飲めるのは飲める」と報告したところ。

「あら、珍しい」と主治医。

珍しいって(;^_^A

そりゃ、飲めない薬の方が多いですけど…(笑)

 

頭痛、吐き気、食欲減退の副作用はあるものの、我慢できないほどではないです。

むしろ、薬が切れた後の方が、動きにくくて辛い。

ちょっと効きすぎだと思うのは、力が入りにくくなってしまうところ。

(筋肉を緩める薬なので)

 

ただ、発作が軽減されるということは全くなく、発作自体には効果はありません。

でも、体は確実に楽になるので、ミオナールは飲み続けることになりました。

というわけで、リボトリールはそのまま、ミオナールを1回1錠朝のみ→1回半錠朝夕の処方に変更してもらいました。

これで、適切な効果が一日続くといいな…。

 

様子を見つつ、次回は1か月後です。

 

 

絵の新作「極楽鳥」

絵の新作が完成しました。

「極楽鳥」です。

 

 

極彩色の絵が描いてみたくて、テーマを極楽鳥に決めました。

描いていて、とても楽しかったです。

なんだか味気ない気もするので、もうちょっと何とかならないかな…と工夫を考えています。

 

 

 

絵の新作「紀州の海」

絵の新作が完成しました!

紀州の海」です。

 


ちょっと影が入ってしまいました(;^_^A
 
今回は、細かい模様のパターンを変えて、新しい方法に挑戦してみました。
失敗もしたけど、いろいろなことが分かったので、実験としては成功です(*^^)v
 
こういうふんわりとした、幻想的なものも描いていきたいのですが、何せとても時間がかかる…。
いくつか描きたいイメージがあるのですが、シリーズ化できるかどうかは怪しいです(;^ω^)

もう、わからない(精神科通院)

今日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。

朝イチで診察券を出して、昼過ぎになると言われ。

11時に電話して、12時半に来てくださいとのことだったので、その時間に行くと、順番が次でした。

 

診察では、いつものように気分表を提出。
今回はいっぱい書いてあったのですが、全部ちゃんと読んでもらいました。


・脈拍が毎日90を超えるが、薬の副作用か?

・気分が変に上がっていて、自分でもうるさいと思うくらいしゃべる

ミオナールで全身の力が抜けて楽になる。過緊張は発達由来か?

ミオナールが効き始めるころに頭痛とのぼせが来る

 

などなど、いろいろ話をしました。

脈拍が多いことに関しては、薬の影響とも何とも言いきれない、とのこと。
ストラテラが一番怪しいんですが、いったんやめてみて脈拍が下がればそれが原因だろう、ということでした。

これに関しては、メンクリの待ち時間に行った内科で心電図の検査もした結果、病的なものではないので心配しなくてよい、薬の影響はあるかもしれない、とのことでした。

動悸などの自覚症状もなく、血圧計で測って知ったことなので、もともと多いかどうかもわからないのです(;^_^A

 

気分の変な上がり方は、しんどすぎて振り切ってテンションがあがってしまってるのか、ほかの原因なのか、わからないそうです(-_-;)

主治医が「もう、わからないとしか言いようがない(´・ω・`)」と言っていました(笑)

 

発達障害がベースにあり、その上に間違いなく精神疾患があるんだけれども、鬱だけではないし、統合失調症のような症状もあるし、双極とも言い切れないし、無理やり病名をつけるとして「非定型精神病」だそう。

もう、地球人の病気のカテゴリでは分けられないってことですね…(;^_^A

 

ミオナールで全身の力が抜けるのは当然との話はありましたが、過緊張についてはコメントなしでした。

頭痛とのぼせについては、「あなたの場合、どんな副作用が出てもおかしくないから…」と。

ですよねー、先生もビビるほどの薬剤過敏ですもんねー(笑)

 

とまぁ、そんな話をして。
とりあえず、明日直撃しそうな台風を生き延びて、ということで、診察は終了。


神経内科でも「打つ手なし」と言われ、精神科でも「もうわからん」とさじを投げられ…。
仕方ないですね、これも何か意味があってのことでしょう(と思ってでもいないと生きていられない・笑)


まぁ、楽しみがないわけでもないし、ボチボチ生きますか~。

薬が追加になった(神経内科)

今日は、神経内科の通院日でした。

天気もいいし、バスも比較的すいていて、移動はいつもよりは楽でした。

診察開始も早くて、8時55分にはもう診察室に呼ばれていました。

 

診察室に入って、すぐに薬疹の報告をしました。

芍薬甘草湯を飲んで2日目に発疹が出始め、飲むのをやめる前にはかなりひどい状態になっていたことを報告。

今はひどい状態からは抜けていると言ったところ、やはり「薬疹でしょう」とのことでした。

 

漢方薬で薬疹が出たことに対して、主治医が「漢方薬でもだめかぁ」と言ってました。

私は食物アレルギーもありますからね、漢方でもけっこうアレルギー出るんですよ(;^_^A

 

「漢方もダメだとなるともう打つ手がない…」と先生が頭を抱えていました。

だよなぁ…。

もう、難治性てんかんで決まりかなぁ(´・ω・`)

 

ただ、芍薬甘草湯で薬疹は出たものの、体全体が緩んで、それで楽になったのは確かだと伝えると、漢方以外で体のこわばりを取る薬を使ってみることになりました。

 

リボトリールを朝晩飲むと、昼間の眠気が酷くて、少量のコーヒーで無理やり目を覚ましている状態なので、朝のリボトリールをなしにすることに。

その代わりに、朝の薬をミオナールという薬に変更しました。

ミオナールは、痙性麻痺に使われる薬です。

「副作用はほとんどない」と先生は言ってましたが、薬剤過敏の如月は副作用なしで行けるかどうかはわからないですね(;^ω^)

 

先生も、「副作用はほとんどないんだけど…」と言いながら、私の顔を見て、「飲めなかったらもったいないから、2週間分にしておきましょう」と言っていました。

薬剤過敏にビビっているな、先生(笑)

 

というわけで、ミオナールをお試しです。

これで、体の妙な凝りがなくなるといいなぁ。

 

帰りに、頑張って病院に行ったご褒美に、スタバの抹茶スモアを飲もうと思ったら、売り切れていました。

すごく残念です。

楽しみにしてたのにー(T ^ T)

 

そして、帰りに寄った薬局で、またミスされました…。

帰宅してから薬の内容と明細を見て気づいたんですが。

薬は14日分しかないのに、明細では28日分になっていて、金額を多く取られていました。

もちろん、電話して、返金してもらうよう話しました。

 

調剤薬局事務、資格取っててよかった…。

明細読めるし、処方日数で調剤料変わるの知ってるから、金額ちがうの指摘できるし。

本当に、困った薬局です…。

絵の新作「大地の精霊」

絵の新作が完成しました。

「大地の精霊」です。

 

 

これは、アクリル絵の具とアクリルペンを使って描いています。

最近、ペースが速いなぁ…。

 

アクリル絵の具が乗りにくいと思ったら、「下塗り」という作業をした方がいいみたいです。

そういうの、全然知らないから…(;^ω^)

 

ぼちぼち、いろんなことを勉強しながら、自分の描きたいものを描けるように、完成度が高くなるようにしていきたいと思っています。