kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

絶不調(メンタルクリニック通院)

今日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。

朝イチで診察券を出しに行くと、10時半までに戻ってください、とのこと。

なので、先に内科へ行ってきました。

 

内科も混んでいるだろうと予測して、薬だけもらう予定だったのですが。

意外にも空いていた上に、1番乗りだったので、診察を受けることに。

ここ最近、体中が痛いことが多く、それを相談したところ、念のため血液検査をすることに…。

 

検査内容は、膠原病・リウマチ系のものです。

最初は「あまり症状が続くようなら検査しようか」と言われたのですが。

「10年前に一度検査して何もなかった」と言うと、やっぱり今回検査をすることに。

「朝、手のこわばりはないか?」と聞かれたのですが。

一日中どこかしら体がこわばってるので何とも…(;^_^A

神経内科の病気も関連してるかもしれないし、こわばりについては判断しかねます。

次回の神経内科の受診日までに結果が出るので、それ次第で神経内科にも相談しましょうかね…。

 

内科を終えて、応募する絵を発送したり、直接提出しに行ったりとミッションをこなし、再びメンタルクリニックへ。

お盆休みと暑さで調子を崩した人が多かったようで、思ったよりも時間がかかり、待ち時間が伸びていました。

結局、さらに1時間くらい待って、ようやく診察室に呼ばれました。


3週間分の気分表を見てもらったのですが、ちょうど不調が続いていた時期で、被害妄想の症状を書き連ねていました。

それに関しては、主治医は「今の不調状態なら(妄想が)出てもおかしくない、むしろ出ない方がおかしいわ…」と(^_^;)

そういう時は、エビリファイ飲んでみて、それで対処して、とのことでした。

加害妄想に関しては、主治医が「絶対そんなことしないって人に限って出るよね」と言っていました。

 

被害妄想の訴え、否定されなかったな…(笑)

被害妄想自体が妄想ではないかと、もうわけのわからない思考になっていたのですが、被害妄想は間違いなくあるようで…(;^_^A

人を疑ってしまうのって凄くつらい。

まだ、自分で被害妄想だと気づけるだけマシなんだろうけど…。

 

主治医の判断としては、一過性の症状、ということのようです。

あんまり長く続くと、病名が変わってくる可能性もありますけど。

今のところ治まっているし、まぁ一過性のものなんでしょうね…。

 

実は、この4か月で体重が5キロ落ちています。

体重の10%に当たる重さです。

とにかく食べられなくて…。

毎日アイス食べてるのに、減っていく。

好きなだけアイス食ってろ!って話なんですが、アイスもまるまる一つ食べられないんですよ…。

 

そんな話から、甘酒が栄養補給にいいという話になり。

そこからさらに、近所の造り酒屋の話になりました。

 「最近その酒屋の美味しい酒粕が手に入らないのよね…」って言ったら、 主治医がその酒屋の社長と知り合いらしく、おいしい酒粕を出してほしいという話しをしておいてくれるとのこと(笑)

今年頭にもらった原酒は味が落ちてたっていう話もしたから、伝わっちゃうなぁ(笑)

 

ホント、あのおいしい酒粕で作ったかす汁が飲みたい。

冬はあれが一番なんですよ。

他の会社の酒粕じゃダメなんですよ。

って、なんでメンタルクリニックで酒の味の話をしてるんでしょうね(笑)

 

あと、カルテが新しくなっていて、病名の欄が書き換わっているのが気になったので、「なんて書いてるの?」と聞いてみました。

ちゃんと教えてくれましたよー。

うつ状態
ADHD

・頭痛

と書いてあるそうです。


いろんな申請書類に書くためのとりあえずの記載なので、本当は鑑別に上がっている病名とは違うようなんですが(非定型精神病に分類されるみたいなんですが、世界標準の診断マニュアルにはその分類はない)、出すお薬の関係でそういう表記になるみたいです。

 

他にもいろいろ話をして、診察は終了です。

とにかく生き延びて、とのこと。

 

まぁ、ぼちぼち絵も再開できてきているし、のんびり生きますかね。

なめなめ。

医者も困っている(神経内科)

毎日暑いですね。

梅雨が明けたというのに、なぜこんなに蒸し暑いのか…。

せめて、湿度がもう少し下がってくれれば、まだマシなのに(;^ω^)

 

さて、今日は神経内科の定期通院日でした。

前回、ダントリウムが一日2回に増量になって、そこそこ効果を感じられていたのですが。

途中からだんだん、ひどくはないけど体のこわばりというのか、突っ張る感じがまた戻ってきてしまいました。

 

それを診察で報告したところ、ダントリウムに慣れてきたのかもしれない、増量か薬を変えるか…という話になり。

とりあえず、特に調子の悪い日だけ、ダントリウムを1日3回飲むことに。

 

病状の整理のため、もう一度「今何が一番困っているのか」を聞かれました。

体のツッパリ、瞬間的な不随意運動が困る、と言うと。

主治医が「リボトリールをふやしたいんやけどなぁ…」と。

今でも眠くて眠くて、それでも我慢して飲んでいるので、増量は無理、と断りました。

他の抗てんかん薬も飲めないものばかりだし、主治医も困っております(;^ω^)

 

てんかん薬を使うのが本当は一番いいんだろうけど、それができないから、筋肉を緩めて物理的に動けない状況を作り出すという対症療法でしのいでいる状態です。

何とかなりませんかねぇ…。

お薬、どんどん増えてますよ(´・ω・`)

 

とりあえず、ダントリウムを自分でうまく調整しながら、もうしばらく様子を見ることにします。

ぼちぼちなめなめ生きますか…_(:3」∠)_

暑すぎて無理(メンタルクリニック通院)

ここのところ、絵の締め切りがどんどんやってきて、制作に追われる日々です。

去年に比べて多少暑さがマシ(あくまでマシというだけで、暑いことには変わりなない)なせいか、まだなんとかやる気を保っているので、頑張って絵を描いています。

応募する作品なので、ここにはアップできていませんが、それはもう次々と描いております。

 

さて、今日はメンタルクリニックの定期通院日でした。

メンクリに診察券を出し、待ち時間に内科まで歩いて行ったのですが。

暑すぎて、途中でぶっ倒れるかと思った…。

冷房の効いた待合でも、汗ダラダラで止まらないし。

全然涼めない…。

内科から帰るのも、暑すぎて一苦労。

ここ数日、めまいがしてふらついてるし、今日は足に力が入らなくて歩きにくいし。

通院するだけで一苦労です(;^_^A

 

10時前に戻ってと言われていたメンクリに、9時50分に戻ると、すぐに診察室に入ってと言われました。

みなさん、思ったより早く診察が進んだのね…。

おかげで涼む間もなく、汗だらだらのまま診察室へ(笑)

 

暑さでぼーっとしてたので、先生とほとんど話をすることもなく。

ただ、気分表を読んでもらっただけという感じでした(;^_^A

不調なのは、もう見ればわかるでしょ…。

 

「インチュニブは徐放剤だが分割できるのか?」という問いに関しては、薬局に確認しておく、とのことでした。

分割できなきゃたぶん副作用で飲めない…。

 

カルテが新しくなっていたのですが、そこに書いてある病名が「ADHD」しかわかりませんでした。

後の二つはなんて書いてあるんだろう…今度きいてみようっと。

 

5月ごろから食欲が落ちているうえに、さらに夏バテで食欲がなくなって、体重が落ちてきています。

ちょっと前までが、自分の中では増えすぎだったので、今はちょうどいいくらいなのですが。

これ以上減るとまた体力不足になっちゃうので、このあたりで維持しないと。

 

何とか暑さに負けずに生き延びて、と言われて診察は終了したけど。

生き延びられる気がしない…(笑)

まだ夏が始まったとこだけど、もう暑いの終わろうよ…。

早く秋になろうよ…。

 

皆様も、なんとか夏をのりきってくださいませm(_ _)m

いろんな人がいる(精神科通院)

今日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。

1時間半待ちくらいで、割と空いていました。

診察中の話は、なかなか濃い内容でした。

 

まずは、ツイッターで回ってきた、「精神疾患を病名でラベリングすることに、科学的な意味はないという論文がある」ということについて話しました。

これ、回ってきた瞬間に「あぁ、いつも主治医が言ってるやつだ」とすぐに納得。

統計を取ったり、治療方針をある程度統一したり、研究するためにカテゴリ分けする必要があるけれど、患者ひとりひとりの病状を理解するには不適切ではないか、というのが主治医の以前からの意見なのです。

 

 例えば、統合失調症の軽度の人と、鬱病の重度の人は同じように見えることがあるし、へたをすれば鬱の重度の人の方が精神病に近かったりする。

鬱病の軽度の人は神経症と似たような状態で、治療薬も同じものだったりする。効く薬も共通点がある。

だから、「この症状だからこの病気!」と決められるものじゃない、というのが主治医の意見なのです。

すべての精神症状はスペクトラムである、っていう感じですね。

 

 その後は、何をどうしたのか障害年金の話になりました。

主治医が経験した、年金申請に関するいざこざの話を聞いちゃいました。
なんか、社労士がややこしかったり、医者もややこしいのがいたり、いろいろあるそうで…。

患者も患者でややこしくて、「頼むからお金払わんでいいから帰って…」と思うこともある、と(;^_^A

 

如月の主治医は、絶対に不正はしないと心に決めているし、診断に関しても自分のポリシーをしっかり持っていんだけど、中にはそうじゃない医者もいるようで…。

主治医が愚痴っていました。

「そのうち、明るみに出るだろうね」と言ってましたから、ご立腹のようです。

 

 ツイッターで「ヘルプマークをつけるのが怖い」という話をちらほら見かけるという話もしました。

つけているといちゃもんを付けられる人もいるみたいです。

如月はまだそんな目には合っていないのですが。

もし、如月がヘルプマークやらなんやらで、「障害者なら障害者らしくしろ」とかいちゃもんをつけられたら、障害者手帳で殴ってやる!と言ったら、主治医が笑っていました(;^_^A

実際に殴るってわけじゃなくて、そのくらいの気持ちでつけてるっていう意味ですよ、もちろん。

 

そこから話が派生して、病識があるかないかとか、病気や障害の受容ができているかどうか、という話をしました。

「手帳で殴ってやる!」と言える時点で、 如月は受容が完了してるみたいです…(笑)

 

フランケンシュタインの誘惑」っていう科学の闇に迫る番組の話もしました。

この番組の初回が、精神科医療にまつわる闇の話で、以前その話を診察中にちらっとしたんですよね。
それから主治医が興味を持ち、毎回見ているようです。

内容は少し難しいときもありますが、なかなか面白いですよ。

科学の光が闇になり、闇が光になり…いろいろ考えさせられます。

 

ダントリウムを飲み始めてから、どうも集中力がなくなって、注意力も落ちていると相談をしました。

ダントリウムの副作用としてもきちんと記載されているのですが、ADHDのうっかりとどう干渉するのかがちょっとよくわからない。

でも、ダントリウムをやめるわけにはいかないし、どうしたもんか…と。

 

 新しく成人に適用になったインチュニブを試すという話も出ているのですが。

「試すのはダントリウムの処方が落ち着いてからにしてほしい。あれもこれもと薬を一度に変えるとわけわからんくなるから」と伝えました。

すると、 主治医がびっくりした顔で「ほんまに賢いなぁ」って言ってました。

主治医が若い頃、患者の薬を一気に変更しようとしたら、指導医に「それじゃあ作用も副作用もわからんだろうが!」って怒られたらしいです(;^_^A

 

とまぁ、こんな感じで、半分以上は主治医の愚痴を聞いて診察が終了。

精神疾患について、専門家の話を聞くのは面白いです。

主治医の知り合いの精神科医の方々の意見も教えてくれるし。

しかし、普通に患者に専門的な話振ってくる主治医よ…理解力があると認めてくれてるんだろうけど(笑)

 

どの業界でも、いろいろあるんだなーと思った次第でした。

護衛艦「さわぎり」の見学に行ってきました!

地元の港に、護衛艦「さわぎり」が入港したので見学に行ってきました。
一年に一度、地元で一般公開が行われるのを楽しみにしているのです(*´▽`*)
 
雨が降っていたのですが、雨合羽を着て見学に。
雨の時の方が人が少ないかと思ったのですが。
なんとまぁ、そこそこ人がいる…。
みんな物好きですねぇ(人のことは言えない)。
 

 

 

↓さわぎりさんを前から見たところ

 

 

 

 

 

 

↓さわぎりさんの入り口です。

 

 舷門当番さんも写ってますよ!

 

 

 

↓マストには信号旗が掲げられています。

 

 上から順番に「W・E・L・C・O・M・E」。

 歓迎してくれています。

 

 

 

↓入口では「艦これ」の狭霧さんがお出迎え!

 

 

image

 

 

 

 

 

↓艦を見に行ったら必ずこの写真を撮ってきます。

 

 

 

 

↓アスロック8連装発射機

 

 

 

 

 

↓主砲とブリッジ(艦橋)、マスト

 

 

 

 

 

 

↓艦首の日の丸。

 

 はためきすぎてうまく撮れませんでした(;^_^A

 

 

 

↓主砲(62口径76mm単装速射砲)の横にはなぜかこんなものが用意されていました。

 

 「記念撮影用ヘルメット(通称76ガンヘルメット)」と書いてあります。

 誰だよこんなの作ったの…(笑)

 

 

 

↓ハープーンの説明

 

 

 

 

 

 

↓上に見えるハープーン

 

 

 

 

 

 

↓短魚雷発射管

 

 

 

 

 

 

↓なんと、さわぎり神社のおみくじを引くことができます!

 

 さわぎりのスタンプが押してあれば当たりくじ。

 おみくじを開けてみたら、スタンプがありました!

 グッズをもらえました。

 これ、隊員さんがひとつひとつ巻いてると思うと、ほほえましい…(*‘∀‘)

 

 

 

↓艦尾の自衛艦旗

 

 風がなくてふにょんとしてます(´・ω・`)

 

 

 

↓たまたま、艦長さんをお見かけしたので、一緒に写真を撮ってもらいました!

 

 

 

 
↓無電池電話の展示・体験。
 無電池電話とは、電力を一切使わずに交信することができる電話のことです。
 まぁ、言ってしまえば糸電話がもっとメカニカルになったようなもの…ですかね(笑)
 万が一電気系統がアウトになっても使える優れもの!

 

↓無電池電話の説明

 

↓潜水の装具も展示していました。

 説明のお兄さん曰く「持ち物を落としたら言ってください、すぐ取りに行けますよ!」とのこと(笑)

 

↓不審船に乗り込んで調査するときなどの装備。

 これは銃を携帯するものですね。

 (銃は入っていません)

 

↓装具もろもろ。

 

↓艦を降りて、さわぎりさんの可愛いお尻を見てきました。

 あんまり近寄れなかったので、全部見えなかったのが残(´・ω・`)

 

これにて、見学は終了です。

今回は艦橋には上がらせてもらえなかったのが心残りです。

時間が合わなかったので見られませんでしたが、海自ファッションショーやラッパの吹奏展示も行われるようです。

 

ここからは、今回の戦利品です。

 

御朱印ならぬ「御守印」(笑)

 

 

↓おみくじは、こういうものでした。

 左が如月ので、右が父上のです。

 うっすらと「さわぎり」のスタンプがあるのが見えますかね…。

 真ん中のさわぎり缶バッジは、外のテントにいたお姉さんが作ってくれました。

 

↓大吉のおみくじには「五省」(旧海軍や海上自衛隊で使われている五つの訓戒)が書かれています。

 五省に書かれてること、如月の指針でもあります。

 さわぎり神社のおみくじなので、さわぎりが大吉のようです。

image

 

↓こちらは小吉だったのですが、あの有名な山本五十六の「男の修行」が書かれています。

 ちなみに、仕事欄には「イージス艦に乗ろう!」と書かれていました。

乗れるものなら乗りたいよ!!(笑)

 恋愛欄には「大気圏外でもOK」と。

 どういう意味だ…(;^_^A

image

 
↓おみくじが当たりだったので、もらったグッズ。
 うちわ・カレンダー・艦これの狭霧のカード・狭霧のポストカードの4つから1つ選べました。
 それぞれの艦のグッズをあつめているので、うちわをもらいました。

 

↓うちわの裏側。

 

こんな感じで、今回の一般公開も楽しんできました。

さわぎりさんに会えてよかったー!

 

ダントリウム増量(神経内科)

今日は、神経内科の定期受診日でした。

前回、ダントリウムという薬が追加になったのですが、このお薬は比較的強めのお薬のようですね…。

 

ダントリウムを飲み始めた日は、効果が強すぎて脱力がすごくて、階段でへたり込むくらいでした。

なので、ミオナールの方を一時的に抜いて、ダントリウムだけですごしていました。

脱力以外にも眠気がすごかったのですが、とりあえず薬に慣れるために頑張って飲み続けてみました。

副作用は出たけれど、効果も実感していたので。

 

身体のこわばりが格段に楽になったし、不随意運動が明らかに減っていました。

発作自体が減ったというわけではないですが、手足が突っ張る前のビリビリ感のみで、実際に突っ張ってしまうことが減り、もし突っ張ってしまっても痛いほどではなくなりました。

逆に、朝飲んだ薬が夕方頃に切れてきて、体中の筋肉が凝って辛いという状態。

 

10日ほど飲み続けると、今度は効果があまり感じられなくなり、ミオナールを元通りに飲むようにしました。

日によって、ちょっとふにゃふにゃしすぎることもありますが、ダントリウム+ミオナールでだいたいいい感じです。

 

そのことを伝えると、ダントリウムが1日朝1回から、朝夕2回に増量になりました。

効きすぎてふにゃふにゃになっては困るときは、ミオナールを抜いて自分で調節します。

 

眠気はだいぶん治まってきたし、あとは手足が怠くなるくらいですかね、副作用は…。

筋肉の力を抜く薬ですから、怠くなるのはある程度は仕方のないこと。

副作用と比べて、効果の方が強いので、今回は増量をお願いしました。

 

というわけで、もう発作自体を抑えることは難しいので、出てしまう症状を抑えてしまおうという方向で進んでいます。

 

前回からの3週間の間に、発作頻発期が終了してしまい、効果の確認ができたのは3日ほどでしたが、どうやらまた先ほどから発作頻発期に入った気がします…。
増量したし、またしばらく様子見です。

インチュニブの話(精神科通院)

今日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。

 

梅雨入りして、湿気にやられて毎日ぐったりです*1

ただの暑さではなく、じめじめべたべたしてるので余計にタチが悪い。

 

今日も絶不調で、猛烈に眠いです。

診察中に寝そうになるくらいだから、見るからに不調だということは伝わったでしょう(;^_^A

気分表も書き間違えてぐちゃぐちゃと消している部分が多すぎて、主治医も「しんどいのがよくわかる」と言っていました…。

 

気分表に、「日本語は大丈夫だけど、英語はダメっていうディスレクシアもやっぱりあるんだな」とコメントを書いておいたのですが。

主治医が「ディスレクシアって何?」と。

「読み書き障害のこと」と説明すると、読み書き障害自体はもちろん知っていましたが、「ディスレクシア」という言葉は知らなかったようで、ICD-10の本を取り出して調べていました。

患者の前でICDを取り出す主治医…(笑)

学習障害はもちろん知ってるけど、「ディスレクシア」という言葉を知らなかったみたいです。

 ICDでは使われていないし、あまり医療機関では使わない言葉なんだろうか…。

 

インチュニブがようやく成人にも適用になったので、その話もしました。

インチュニブの話を振ると、ちょうど先生がパンフを机の上に置いていました。

どうやら、薬の説明を製薬会社から聞いたばかりだったようで。

もともと、インチュニブはストラテラと併用目的で作られた、というようなことを言っていました。

コンサータについては触れられなかったけど、コンサータ処方医じゃないので省かれただけかもしれません。

因みに、インチュニブはコンサータと違って、処方するのに特別な資格は必要ないようです。

 

如月は今のところ、まだインチュニブはいらないかなという感じだけど、「使いたい時は言って」とのことでした。

まだ処方したことはないらしく、飲んだ人の情報があまりなかったので、如月が耳に挟んだ話をすこし伝えておきました。

そんなこんなで、もし使うとしたら、成人の最低処方量の2ミリの半分どころか、もっと少ない量から始めないといけないな、ということになりました。

 

そうそう、いままでずっと、主治医は「長く生きてれば、きっと生きやすい環境もでてくるだろうから、頑張って長生きして」と言っていたのですが。

今日は突然、「最近、長生きするのもどうなんやろう…って思う」と言いだしました。

意見が正反対になってますけど…いったい何があったんです??

如月は前から「長生きする気はない」って言うてますやん…(;^_^A

 

「とりあえず親が生きてるうちはがんばって生きて、親が死んだらその時はその時で考えよう」とも言われました。

ずいぶん前に、「親が死んだらどうやって生きてけばいいんだ」って言ったことがあるけど…その時は放置だったのに、なぜ今更…。

ひきこもり8050問題とか話題になってきて、なにか考えるところがあったのでしょうか。

うーん…(´_ゝ`)

 

とまぁ、最後に謎を残しつつ、診察は終了。

次の生き延びる目標は、暑さがひと段落するお彼岸ころに設定されました(笑)

だいたい季節の変わり目がくる3か月後とくらいに目標が設定されてるなー。

とりあえずは、梅雨明けまで湿気と戦うことにします。

*1:+_+