kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

「普通に見える」ことの良し悪し

一見普通

発達障害を抱えている人の中でも、知能に問題がない場合や、比較的障害の症状が見えにくい場合、「普通に見える」ことがあります。

障害を抱えていることをカミングアウトすると、「普通に見える」と言われることも多々あります。

 

「普通に見える」ことがいいのか悪いのか。

黙って立っていれば、健常者と変わりがなく見えますし、その場合は差別を受けることはないかもしれません。

また、仕事などでも「ちゃんとできるじゃない」とよい評価をもらえるかもしれません。

 

 多大な努力

しかし、発達障害を抱える人が「普通に見える」ことの裏には、多大な努力が隠れています。

「普通の人」に見せるために、社会に適応するために、「普通はどう行動するのか」ということを常に考えて生きているのです。

 

それは、例えるならば、宇宙人が必死に地球人のふりをして生きている状態です。

宇宙から来て、地球上のよくわからないルールを何とか理解しようと頑張って。

地球語を頑張って習得して、何とか聞き取れるようになって、話せるようになって。

言ってはいけないことを学んで、空気を読むということを学んで。

無理やり身に着けて、一生懸命に地球人らしく振舞っているのです。

 

この努力は、生きる上では余計なエネルギー消費となります。

多数派さんは、そういったことが自動でできるようになっているので、あまりエネルギーを消費していないようです。

しかし、少数派さんは、それらを手動で行っています。

多数派さん向けに作られたこの社会で生き残るために、莫大なエネルギーを消費して生きています。

ですから、生きているだけで、とんでもないエネルギーを使ってしまっているのです。

 

地球には、引力があります。

宇宙人の体は、その引力に逆らえるようにできていません。

ですから、地面に立っているだけでも、座っているだけでも、非常に力を使います。

引力に負けてしまって、地面に転がってしまうこともしばしばです。

 

マニュアル操作

多数派さんが生きる上で、「当たり前」すぎて考えたこともないようなことを、少数派はいちいち考えて、習得していかねばなりません。

多数派さんから見れば、「そんなこといちいち説明しなくてもわかるだろう」ということが、一つずつ説明してもらって、納得していかなければならないのです。

 

普通ってなんだ?

「普通にみえる」と、そうしたハンデを抱えていることが、外からはわかりづらいのです。

ですから、「普通に見える」ということは、「普通である」ことを求められてしまう、ということでもあります。

 

宇宙人はしょせん宇宙人、どんなに頑張っても、地球人になることはできません。

地球人のふりをして生きることはできても、宇宙人である本体を変えることはできないのです。

 

本体を変えてしまうには、本体を壊してしまうしかありません。

宇宙人である本体が壊れてしまったら、どうなりますか?

地球人のふりをしていた外側の部分も、壊れてしまいますね。

それが、いわゆる「二次障害」と言われるものです。

 

「普通って何だろう?」

考えてみてください。

普通の定義って、何ですか?

多数派さんの中でも、定義は様々に分かれるはずです。

普通なんていうものは、ただの平均値でしかありません。

 

それぞれの文化を尊重して共生する

 

普通に縛られて生きるのは、辛くないですか?

少数派に属する私は、そう思います。

普通でなくてもいい。

私自身が、できるだけ楽に、楽しく生きていきたい。

無理に地球人のふりをするのではなく。

地球人と仲良く共生していきたい。

ただ、それだけです。

 

地球人には地球人の、宇宙人には宇宙人のいいところがある。

多数派には多数派の、少数派には少数派の、文化がある。

それぞれのいいところ、文化を尊重しつつ、共生していけばいいではありませんか。

私は、そう思います。

 

NHKスペシャル 「発達障害 解明される未知の世界」

発達障害プロジェクト

以前、NHKスペシャルで発達障害について取り上げられました。

その時の感想です。

 

これは、NHKの発達障害プロジェクトの一環の番組です。

このプロジェクトは、1年かけて発達障害について報道する企画だそうです。

 

スタジオ、真っ白で少し目が痛かった。

それでも、最初に企画されていたえげつないデザインよりはマシだったけど。

 

感覚過敏について

まず最初に取り上げられたのは、感覚の過敏でした。

感覚の過敏の種類としては、聴覚、視覚、嗅覚、触覚、味覚、痛覚の過敏があります。

逆に、感覚鈍麻といって、感覚が鈍いということもあります。

 

発達障害であれば必ず感覚過敏があるわけではありませんし、感覚過敏があるから発達障害であるわけではありません。

 

感覚過敏と感覚鈍麻を併せ持つ場合もあります。

例えば、私の場合、聴覚、視覚、嗅覚、触覚、味覚は過敏ですが、痛覚は鈍麻気味です。

 

番組では、これらの中で最もわかりやすく、人数も多いと思われる聴覚と視覚の過敏について取り上げられていました。

 

私も聴覚過敏と視覚過敏があるのですが、番組に登場した人が言っていたように、私も「みんなうるさい中でちゃんと話をしているんだ」と思っていました。

26歳で発達障害と診断されて、発達障害について勉強してはじめて、多数派さんは周りの余分な音をシャットアウトする機能が脳に備わっていることを知りました。

 

また、視覚過敏に関しても、みんなまぶしい中で普通に生活しているんだ、教科書が光って見えにくかったり、蛍光灯がまぶしくて仕方なくても、みんな我慢しているんだと思っていました。

多数派さんはもっとまぶしくない世界に住んでいるということを、発達障害について勉強してはじめて知りました。

 

視覚過敏と聴覚過敏の再現は、素晴らしかったです。

まさにあんな感じです。

あれはどうやら、割と過敏がひどい人の状態を取り上げていたという声もききました。

ということは、私の過敏は結構ひどいのでしょうか…。

 

まぶしすぎて、目の前の景色が白飛びするなんて日常茶飯事です。

目の前でたくさんの人が動くと、それぞれの人が着ている服の模様がぐちゃぐちゃになって目に飛び込んできます。

車のヘッドライトがまぶしすぎて、夜に出歩くとすぐに頭痛と吐き気で死ねます。

スーパーなんて、ライトがまぶしいし、カラフルなパッケージが所狭しと並んでいて、目が痛いです。

すぐに気分が悪くなります。

 

音が全部聞こえちゃって、会話が虫食い状態にしか聞こえないなんて、いつものことです。

つい最近、あまりにも聞き間違いが多いので、聴力検査をしたら同世代よりもよく聞こえているという結果が出ました。

 

聴覚過敏の例として、スーパーの冷蔵ケースの風の吹き出し音が聞こえたり、店内放送が聞こえたり、冷蔵ケースのモーター音が聞こえてつらいということが取り上げられていました。

まさにその通りなんです。

本当に、あのまんまなんです。

 

ゴー、「○○がお得です!」「ブーン」「ざわざわ」「ガサガサ」「キー!(子供の叫び声)」、いろんな音が耳に飛び込んできます。

大型ショッピングモールに行くなんて、自殺行為です。

 

些細な音でもすごくびっくりして、飛び上がることがあります。

突然後ろから声をかけられただけで、心臓が止まりそうになることもあります。

また、少し声が大きい人が怖いです。

声が脳みそに突き刺さって痛いし、怒られているように感じるからです。

特に、男性の大きな声に恐怖を感じます。

 

これらは、耐えられるものではありませんし、努力で何とかなるものでもありません。

また、たとえ耐えられたとしても、そのために莫大なエネルギーを使うので、帰宅したとたんにぶっ倒れます。

 

味覚の過敏で、「水道水がまずくて飲めない」という投稿がありました。

私も、それは同じことが言えます。

私の住んでいる地域は、割と水道水でもおいしく飲める地域です。

それでも、白湯にすると臭みがあり、飲めません。

また、水道水は取水する河川や池ごとに味が違います。

その差が、わかってしまうのです。

 

ADHDのこと

ADHDに関しては、私も授業中に掲示物に気を取られたり、座ってはいても足をずっとぶらぶらしていたりしました。

立ち歩くようなことはなくても、不注意がすごかったですね。

小学校の間は、親が持ち物チェックをしていたので忘れ物はなかったのですが、親のチェックが入らなくなった中学時代からは、忘れ物が多かったです。

また、中学の授業参観では、母親に「なんであんたはじっとすわってられへんの!一人だけガサガサして!」と怒られました。

私はちゃんと座っていたつもりなんですけど、周りから見ると非常に落ち着きがなかったようです(;^ω^)

 

LDのこと

LDに関しては、今のところは何も指摘されていません。

ただ、小学校の頃は、異様に計算が苦手でした。

数学も赤点しかとったことがありません…。

 

ハイブリッドや全部持ち

今回は、自閉スペクトラム症が一番大きく取り上げられ、ADHDやLDに割く時間が少し少なかったですね。

また、ハイブリッド(自閉スペクトラム症ADHDの合併など)さんや全部持ちさんのことが取り上げられませんでした。

 

私は自閉スペクトラム症ADHDのハイブリッドなんですけど、その場合、自閉スペクトラム症の細かさの追求と、ADHDの途中で集中力が切れる特性によって大変なことになります。

細かいところが気になって仕方ないけど、途中で飽きてしまうので、結局とっちらかって終わってしまうのです(;´・ω・)

 

社会ではまだまだ

途中で、イノッチが「学校ではまだよくても、社会に出ると…」というようなことを質問していました。

そう、そうなんです!

学校という仕組みの中で何とかうまく乗り越えてきても、今度は社会という学校とは全く違う世界に放り出されてしまう。

まだ守られていた学校時代に比べ、社会は誰も守ってくれません。

ですから、社会に出たとたんに、一気に破たんしてしまう人も少なくありません。

 

二次障害のこと

二次障害についての話も出ましたね。

私も、二次障害のうつを抱えています。

わーい、二次障害持ちでーす(∩´∀`)∩

うつでーす(∩´∀`)∩

 

普通ってなんだ?

普通ってなに?という話も出ましたね。

本当に、普通って何でしょう?

「普通」の定義を説明できる人、いますか?

 

多数派さんが「普通」なら、私たち発達障害者は「普通じゃない人」です。

でも、私たち発達障害者が「普通」であれば、多数派さんは「普通じゃない人」です。

時々、発達障害の人が多数派さんを指して「定型発達症候群」なんていうことがありますね。

どちらを基準にするかによって、「普通」というのはいくらでも変わりうるのです。

 

細かく見れば、完璧な人間なんていないんですから、この世に「普通」の人間なんて一人もいないことになります。

普通ってなんだ!

普通がなんだ!(笑)

 

少数派が多数派に交じって生きていく状況を、私は「多数派という着ぐるみを着ている」と表現します。

本来の私の姿では生きていけないので、多数派っぽくみえる着ぐるみを着て、社会に適応しようとしているのです。

時々、その着ぐるみはほつれたり、穴が開いたりしてしまいます。

修理が必要になります。

それがいわゆる、過剰適応による心身への影響だと思っています。

 

就労のこと

最後に、就労できている当事者が取り上げられていました。

しかし、あの人たちはごく一部の幸運な人たちです。

能力は持っているのに、就労できない人たちも、たくさんいます。

良い会社に巡り合えずに、仕方なく引きこもっている人たちもたくさんいます。

 

「社会の役に立つから認めるっていうのは違うよね」という発言がありました。

本当に、その通りです。

そもそも、社会の役に立っているかどうかなんて、誰が決めるんでしょう?

ジャッジできる人なんていないはずです。

ジャッジする人がいるならば、まずはその人が社会の役に立っているかどうかを、判断する必要があります。

その判断する人も…終わりがありませんね。

 

才能のこと

また、みんながみんな突出した能力を持っているわけではありません。

突出した能力があっても、それが社会で働くのに役立つとも限りません。

そういう問題があることも、忘れてはなりません。

 

なかなかよかった

こんなところでしょうか。

有働さんとイノッチがすごく適切な質問をしてくれたり、深く突っ込んでくれたりして、発達障害について知る初級編としてはなかなか良かったのではないでしょうか。

個人的には、この番組でイノッチのファンになりそうです(*^^)v

番組終了後に、ネット上で延長戦があったようですが、そちらは見ることができませんでした。

 

春という恐怖

別れと出会いの季節

春の気配が感じられる時期です。

春になると、暖かくなって、ウキウキする反面。

ドキドキそわそわ、落ち着かない季節でもあります。

 

学生の頃は、進学やクラス替えがありました。

小学校では2年間、同じメンバーで。

中学以降は1年間、同じメンバー。

 

やっと慣れたクラスのメンバーとはお別れして。

新しいクラスで、新しいメンバーと、一から人間関係を築きなおさなければなりません。

クラスに慣れるのに時間のかかる私にとって、それは勉強よりも大変な重労働でした。

他の子たちの人間関係が出来上がる頃に、ようやく顔と名前が一致し出します。

 

誰と誰が仲が良くて、誰と誰が仲が悪くて。

自分と合いそうな人はどこにいるのか。

そんなことをじっくり観察している間に、仲良しグループがすでに出来上がってしまっている。

 

私はどこにいればいい?

私の所属するグループはどこ?

いつも、おいてけぼりです。

毎回出遅れるので、いつもクラスでははみ出したまま。

 

関わり方が一方的

高校生になる頃には、この人!と決めた一人と話をし、絶対に離しませんでした。

そうすることで、一人ぼっちになることを避けることができました。

でもそれって、今思えば、友達でもなんでもなく、私と一緒にいてくれる便利な人、っていう扱いなんですよね。

関わり方が、一方的なんですよね。

 

怖い

毎回毎回、春のクラス替えや進学で失敗を重ねた私は、春が怖いのです。

仕事を始めてからも、上司の異動、同僚の入れ替わり。

それが怖くて。

すごくストレスで。

幸い、あまりメンバーの入れ替わりがない部署に配属されたことが、まだ救いでした。

それでも、上司が変わり、対応が変わることがストレスで。

 

春は、人間関係が全部壊れて、一からやり直しになる。

恐怖の季節。

そんなイメージが、植えつけられてしまっています。

赤ちゃんに人気

やたらモテる

ここ最近、ちょくちょく赤ちゃんにナンパされております(笑)

男女関係なく。

 

皮膚科に行くと、子どもがいます。

小児科と皮膚科を、それぞれ夫婦で開院していて、併設しているので。

子どもがたくさん来るのです。

 

待合で、赤ちゃんもちらほら見かけます。

長い待ち時間、私は退屈しています。

もちろん、赤ちゃんも退屈して、泣きだしてしまう子もいます。

 

時々、こちらをじーっと見ていて、目が合う赤ちゃんがいます。

たいてい、一度目が合うと、赤ちゃんがナンパしてきます(笑)

 

あそんでくれる

赤ちゃんが、こちらをじーっと観察しているので。

私も、赤ちゃんをじーっと観察します。

時々、手を振ってみたり、笑いかけてみたり。

 

すると、赤ちゃんが少し反応を返してくれます。

ママに半分隠れながらこちらを見たり。

微妙ににっこり笑ってくれたり。

 

反応をくれた赤ちゃんには、少しずつ距離を近づけていきます。

手を振る回数を増やしたり。

目が合ったときに笑いかけたり。

 

そうこうしているうちに、赤ちゃんの方から笑いかけてきたり、手を伸ばして私を触ろうとしてきます。

赤ちゃんによっては、勝手に私の顔を使って「いないいないばぁ」をしてる子もいます(笑)

 

そうなったら、もうこっちのもの。

私も手のひらを上に向けた状態で手を伸ばして、赤ちゃんに手を触ってもらいます。

ここで、私から無理に手を触りに行くことはありません。

必ず、赤ちゃんの方からタッチしてくれるのを待ちます。

 

それを繰り返すうちに、どんどん仲良くなっていきます。

その間、一言も言葉はありません。

言葉なんて、必要ないんです。

ただ、アイコンタクトと笑顔とタッチのやり取りだけ。

ただ、それだけで赤ちゃんはとても喜びます(#^^#)

 

とまぁ、こんな感じでナンパされるわけです。

満面の笑みで手を伸ばされたら、もうお相手して差し上げるしかないじゃないですか(笑)

あの天使の笑顔からは、逃げられません。

 

それで、よく、赤ちゃんのママさんから「子どもが好きなんですね」などと言われるですが。

めちゃくちゃ子どもが好きというわけでもないのです。

ただ、小さい子の方から、私に近づいてきて、遊んでくれるんです(笑)

 

なぜなんでしょう…。

私は、子どもにとって「安全な生き物」なのでしょうか。

 

急に「きゃー!かわいいー!」なんて大声を出して。

勝手にべたべたと触ってきたりしないから。

「この人は安全だ」って思うのかもしれません。

 

お近づきのお作法

赤ちゃんも、一人の人間です。

突然大きな声で話しかけられたり、勝手に体に触れられるのは嫌に決まっています。

大人がそんなことされたら、通報しますよね?

 

赤ちゃんとお近づきになるにも、キチンとお作法があるわけです。

まずは、相手を観察する。

こちらに興味がありそうなら、「こんにちは」の意味を込めた笑顔を。

少し距離がちぢんだら、赤ちゃんの方から触れてもらう。

これは、大事なお作法だと思っています。

 

ちなみに、このお作法、動物に触れるときも同じです。

まずは相手を観察する。

少し近づいて、手を差し出してにおいをかいでもらう。

動物がにおいをかぎ終わり、手をなめてくれたら、少しだけ撫でてみる。

そうすれば、逃げられることはまずありません。

 

言葉はいらない

一連のやり取りの中に、一切言葉は出てきません。

私の頭の中には、何の言葉もないのです。

ただ、感覚だけを使って、相手とコミュニケーションを取るのです。

 

大人の人間にするように、言葉をこねくり回してコミュニケーションを取る必要はありません。

お互いに言葉を持たないからこそ、できるコミュニケーション。

だからとても居心地がいいのです。

 

自閉症の人は、動物や古代の人類に近いともいわれています。

おそらく、それは動物や赤ちゃんに近いということでもあると思います。

(赤ちゃんが劣っているというわけではありません。むしろ、純粋な、本当の意味でのコミュニケーションができる存在だと感じています)

 

その思いが、伝わるんでしょうかね…。

大人よりも、小さな子供の方が、分かり合える。

子どもはおとなよりもずっとずっと素直で、賢いと思う。

 

私は、そう考えています。

癒し系宇宙人?

癒し効果

ちょくちょく、人から言われることがあります。

「如月さんといると落ち着く」とか。
「如月さんに話を聞いてもらって、落ち着いた」とか。
「自信を無くしてたんだけど、元気になった」とか。

 

私としては、特に何をしたわけでもなく。
単に一緒にいただけだったり。
話を聞いただけだったりするんですけど。
それだけで、なぜかスッキリするようなんです。

 

ただ、一つだけ心がけていることがあります。
私に気持ちを打ち明けてくれる人に対して、真摯に話を聞く。
できるだけ、頭から相手を否定することはしない。
相手の言い分をきちんと聞いて。
うまくいかない理由が見えれば、それを伝えることもある。

 

あくまで、穏やかに。
気分を荒立てることなく。
ただ、それだけ。
ただ、それだけなんですけれど。
私と話した後には、元気になるそうです。

 

私にはわからない感覚…(;^_^A
なぜなのか、さっぱりわかりません。

 

私はただ、私としてそこにあるだけなのに。
素の私でいるだけなのに。
相手は、癒されたり、自信を持てたりするらしい。

 

愛玩宇宙人?

メンタルクリニックでも、時々先生の愚痴を聞くこともあります。
逆に、私が愚痴を言うことはあまりありません。
ツイッターではよくブチ切れてますけどね・汗)
どちらが患者なのか、わからなくなることも、しばしば…(笑)

 

もしかして、私から何か電波のようなものが出ていて。
相手の脳みそに、何かしらの影響を与えているんだろうか…?
なんて、非科学的なことを考えてしまいます(笑)

 

実は、癒し系宇宙人で、メンタルを損ねた地球人を助けるために地球に生まれたのかな?
同じ宇宙人の仲間とともに、地球で生きるために、身につけた能力だったりして(笑)

 

母上は、私のことを「愛玩動物ならぬ、愛玩宇宙人なんじゃない?」などと言っております(笑)

 

人の気持ちに敏感

時々、人の話を一生懸命に聞いて、疲れちゃったり。
相手の気持ちが伝わってきて、悲しくなったり、怒ったりと、同じ気持ちになったり。
情報過多で、相手と離れてから頭がぐちゃぐちゃになったりすることもあるけれど。

もしかして、相手の負の気持ちを吸い取っちゃってるのかなーとも思ったりします(;^_^A
相手の気持ちに敏感だから、そうなるのかもしれません。

 

ゆっくり、生きましょう

私が話を聞いた相手が、どんどん前へ進んでいくことも多いです。
しかし、私はいまだにここにとどまって、のろのろなめなめ、ゆっくりと地面を這っています。

それがちょっと悔しくなることもあるけれど。
でも、相手が癒されたり、元気になってくれるなら、それでもいいか…と思います。

古代に生まれていたら、シャーマンとして生きていたのかもな…。
気圧の変化や気候の変化にも敏感だし。
多数派さんよりも、動物と仲がいいし。

とにかく、私からなにか妙な電波が出ているのではないかと、不思議に思うこの頃です(笑)

絵の新作「ハナウサギ」

絵の新作が完成しました!
「ハナウサギ」です。
 
image
 
模様は、大きいものがしあわせ運ぶ四つ葉のクローバー。
小さいものが、花です。
 

色を使った絵を描きたくて、試行錯誤中です。

ウサギは一度描きたいテーマだったので、満足しました(#^^#)

コミュニケーションの工夫

自分の状態がわかりにくい

以前、出かけた先で、自分の電池(体力)の残りがわからずに、帰宅してから電池切れしてしまい、翌日は寝込むような状態になってしまうという、困ったことが起きてしまいました。

行った場所がイオンモールだったこと、しかも日曜日だったことで。

暑さ、人の多さ、喧騒にやられてしまっていたのです。

 

いっしょに行った人は、私がトゲトゲしだしたことには気づいたらしいのですが。

なにが原因であるかがわからなくて対処しようがなかった、とのこと。

 

また、私自身、なんだか変だなとは思ったのですが。

自分の心身の状態を把握することがとても苦手で、「疲れた」とか「もう帰る!」とも言えずにいました。

 

普段はペラペラとおしゃべりで、実況中継せずにはいられない私ですが。

自分の体調や気分を把握したり、言葉にして伝えることは、難しいのです。

そのため、コミュニケーションカードを作って対処することにしました。

 

カードの実例

まずは、内容をご紹介します。

 

 

 

 

 

サイズは、カバンに入れやすいよう、A5にしました。

そして、これを使いやすいように製本しました。

 

 

 

 

もしほかの人に見られても、違和感のないように。

また、気に入って使えるように。

装丁を、絵本風にしました。

 

 

「What’s the matter?」は、「どうしたの?(特に相手の体調を気遣う)」という意味です。

 

一覧表にしたのにも、理由があります。

これを、私と行動を共にすることが多い人に持っておいてもらって。

私の様子が変だと思ったとき。

機嫌が悪そうなとき。

その他、何かありそうなときに、一覧を見せてもらって。

私の状態に当てはまるもの、あるいは近いものを指さして選べるようにするためです。

 

また、一時的に言葉が出なくなることがあります。

その時にも、何が起きているのか伝える方法が必要です。

一時的に文字が読めなくなることがあるので、絵もつけました。

 

単語帳タイプ

逆に、私の方から何か伝えたいことがあるときは、単語帳のようなタイプのカードを使います↓

 

 

簡易のラミネートで加工して、リングでまとめて使っています。

 

周りの状況から、言葉にして伝えることを遠慮してしまうときでも。

こうしたカードを使えば、状況を伝えること、しんどさを伝えることのハードルが下がるのでは、と考えたので、作ってみました。

 

 

これらを使うような事態は、今のところあまり起こっていませんが、いざというときの為に用意しています。