kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

電話がつらい

電話が苦手

私は、電話をすると、すごく疲れます。

どんなに親しい人と話しても。

電話を通しての会話って、ものすごく疲れる。

ちゃんと会って話している分には、そこまで疲れないのに。

 

電話が苦手な理由

まず、電話って、相手の口元が見えません。

だから、言葉を聞き取ろうとすると、非常に耳に神経を集中させることになります。

 

私はどうも、言葉の聞き取りが悪いみたいで。

すごく集中しないと、相手の発している言葉が、理解できません。

単なる音の羅列に聞こえてしまうのです。

 

面と向かって、顔を見て話している分には、口元が見えるので、口の動きである程度何を話しているのか、読み取ることができます。

だから、そこまで耳に集中しなくても大丈夫。

 

それと、電話を通した声って、ちょっと聞き取りにくい。

なんだか、ざらざらしていて、聞こえにくいのです。

だから、余計に必死になって「聞こう」としてしまって、疲れるのかもしれません。

 

すごく集中して聞こうとして。

さらに、自分もしゃべらなくちゃならない。

二つの動作を同時に進めることになるので、非常にエネルギーを使います。

 

メールが楽

メールやチャットは、言葉は文字として送られて来ます。

その文字を、自分のペースで読み。

きちんと理解してから、自分の考えをまとめて、文章にして送り返す。

 

視覚的な情報入力に強い私にとっては、会話は文字でする方が楽です。

そして、「聞く」「話す」を別々の作業として行うことができるので、使うエネルギーも少なくて済みます。

 

メールやチャットって、本当に便利です。

ただ、文章を書くより、しゃべる方が楽な人とやり取りするには、ちょっと困ります。

お互いの中間点みたいなもの、ないでしょうかね…。

 

そんなわけで、電話を断ってしまうことも、たびたびあります。

申し訳ないとは思うんですけど…。

本当に、しんどいんですよね…。

困ったものです。

 

きちんと座るって難しい(体幹の問題)

座るのがが下手

姿勢を正すと、身体も心も元気になる!って、よく言われます。

私は、とても姿勢が悪いです。

そのため、肩凝りや頭痛がひどいし。

背骨も、少し曲がっていて、側彎ぎみです。

 

今までに、何度も「姿勢が悪い!」と怒られてきました。

学校の授業でも。

家でも。

どこに行っても、姿勢が悪い、と怒られます。

 

吹奏楽の演奏会のビデオを見て。

自分でも、1人だけ猫背で姿勢が悪いなぁって、嫌になることも多々ありました。

 

毎回、「今度こそは、綺麗に座ろう!」と思うのですが。

背筋を伸ばして、できる限り良い姿勢で座っているつもりなのですが。

どうしても、綺麗に座ることができません。

 

体幹の問題

発達障害の人は、体幹の感覚に問題があったり。

低緊張のために、姿勢が悪いことが多いようです。

そのため、発達障害は身体障害である、とも言われています。

 

私も、きちんと座るということが、とても難しいです。

どうしても、地球の引力に逆らうことができません。

座っていても、頭の重みで、身体がぐにゃっと潰れます。

寝転がっていた方が、楽です。

 

椅子からずり落ちる

実際に、椅子に座っているときは、こんな状態です。

正しい座り方↓


 

私の座り方↓


骨盤がきちんと支えられていないので、猫背になります。

そして、椅子の座面から滑り落ちます。



身体を支えるのがしんどいので、こんなことにもなります↓


前傾姿勢で、手を座面に突っ張って、身体を支えています。

この座り方は、非常に良くない座り方ですが。

私にとっては、楽な座り方です。

 

もっとひどいと。

こんなことになります↓

 


椅子の上に体育座りをして、足で胴体を支えたり。

椅子の上で胡坐をかいたり。

机にもたれて、胴体を支えたりします。

 

こうしていると、体幹を支えることに集中しなくて済むので、作業に集中しやすくなります。

 

姿勢を維持するための補助具

しかし、これでは体に負担がかかってしまいます。

なので、座位保持椅子というものが欲しいのですが。

 

たとえばこんなの↓

バンビーナ

https://www.takano-hw.com/heartworks/products/childchair/bambina/

 

私が座れるサイズだと、約10万円!

作業用に机も付けると、もっとお高い…。



もう少し簡易のもので、レポという商品↓

http://www.deku-kobo.com/original-product/

 

レポ・シートという簡易版もあるようです↓

http://www.deku-kobo.com/original-product/repo-seat.html

 

こちらは、なんとか手が出るお値段です。

数年前は大人サイズがなかったのに、今は大人サイズもできているようです!

でく工房さん、ありがとうございます!!

 

自分で自分に支援する

いいな、と思うものがあるにはあるのですが。

購入するのはちょっと難しい、購入するまではいかないかな…。

それならもう、入手できるものを利用して、これらに近いものを作るしかない…。

 

ということで。

ツイッター上で、同じように「座ること」に困難を感じる方たちといろいろ意見を出し合ってみました。

 

大人用のバンボのようなものがあればいいな、とか。

タオルケットと座布団で座位保持がしやすくなるよ、とか。

いろいろ、なるほど!という発想が出てきました。

 

私はとりあえず、身体を支える&作業ができるテーブルを一つ用意して。

それと座椅子の間に挟まって、姿勢を保持してみています。

完全に姿勢が良くなるわけではありませんが、体は多少楽です。

 

座椅子自体が、割と前と両端が盛り上がった形状で、座位保持に近い構造をしているので。

一番の問題は、過度な前傾姿勢を防ぐことかな、と。

 

これぞ、自分への支援。

大人の発達障害だからこそ、できること。

それぞれで、色々工夫して、作業しやすい環境を作ってみましょう!

 

 

散歩ができない

散歩が苦手

 

何日も外出しないのも良くないと思って。

時々、散歩にでも出かけた方がいいのかなって思うんですけど。

私、散歩が苦手なんです。


散歩が苦手な理由。

それは、「目的のない行動に意味を見いだせない」からです。


○○まで行って、帰ってくる。

そんな目標があれば、少々遠い場所でも自転車で出かけていきます。

歩いて行ける距離なら、歩いていきます。


そういうお出かけは出来るんですが。

目的もなく、ただふらふらと外出する、ということができない。

目的がないと、家を出ることができないんです。

 

目的が必要

 

 学生時代、どうしても外へ出たくなった時は、無理やり用事を作って外出していました。

少し遠いスーパーまで、買い出しに行く。

少し遠いお店まで、洋服を買いに行く。


そういう目標を設定し。

川沿いの遊歩道があったので、そこを自転車でのんびり走ったりもしました。

片道30分くらいの距離を、自転車でのんびり走る。

気候のいい頃には、とても気持ちがよかったです。


学生時代住んでいた場所には、そういうまったりできる場所がありましたが。

今住んでいる場所には、のんびり歩いたり、自転車で走れる場所がありません。

自然豊かな場所がなく。

家やビルが並ぶ場所ばかり。

そんな場所、散歩したいとも思いません。


唯一、自然が残っているのはお城ですが。

そこへ行くまでに、街中を通って行かなければなりません。

それに、お城と言っても、そんなに広い場所ではないし。

山城なので、半分登山になってしまって、ゆっくり散歩するという雰囲気でもありません。


街中を通ると、沢山の車が行きかっていて、とても疲れます。

散歩に出かけたとしても、すぐに嫌になってしまうでしょう…。


なので、用事がない限り、外出せずに引きこもっている状態です。

自然豊かな場所で、のんびりしたいなー。

宇宙語を話す

ついつい飛び出す宇宙語

 

自閉っ子が宇宙語を話すというのは、割と有名かと思います。

私も時々、ついつい宇宙語を話してしまうことがあります。

 

私が母に頼んで買ってきてもらったジュースを、他の家族に勝手に飲まれそうになった時のこと。

それを慌てて止めようとして、私が言った言葉。

「○×△□*~×△☆~!」

ジュースを指さしながら、宇宙語をしゃべってしまいました…。

 

その場では何とか意味は伝わり、ジュースを飲まれることを阻止できました。

カフェインレスの午後ティーをさがしてきてもらってるので、飲まれると困るんです。

普通の紅茶やコーヒーを飲むと、興奮状態になって12時間くらい異常なテンションになるので…。


ジャーゴン

 

宇宙語は、ジャーゴンとも呼ばれます。

どこの国の言葉でもない、単なる音の連なりのこと。

健常児でも、話し始めたころの一時期だけ、宇宙語を話すこともあります。

親にしかわからない謎の言語って、ありますよね。

親にもわからない謎の言語もあるみたいですけど(笑)

 

自閉っ子では、その宇宙語を話す時期が、長く続くことがあります。

私も、普段はちゃんと喋りますけど、あわてたり、パニックになると宇宙語を話してしまうこともあります。

 

宇宙語といっても、自分の思いを伝えるために発している言葉。

それが意味をなさない、単なる音の連なりであったとしても。

れっきとした意思表示なのです。

意味のない音声などではなく。

意味のある言葉なのです。

 

宇宙語は便利

 

宇宙語のことをツイッターでつぶやくと。

自閉仲間から、「自分も宇宙語を話す時がある」という反応が返ってきました。

その話題でしばらくやり取りした結果。

 

地球語が不便だから、宇宙語を話すんだ!

地球語は宇宙語より不便なんだ!

という結論が出ました(笑)

 

ホント、地球語って、伝えたいことが伝わらない、不便な言葉なんです。

言葉を使わない方がよほど、伝わるんじゃないかって思うこともしばしば。

 

非言語コミュニケーション?

 

自閉っ子は、実は「言葉を介さないコミュニケーション」に秀でている、という考え方もあります。

逆に言えば、多数派さんは、言葉に頼りすぎている、ということです。

直感的思考、動物的感覚を失ってしまっている、ということでもあると思います。

 

自閉っ子同士が、一言も会話しないのに、なぜかいつも一緒にいる、という話を聞いたこともあります。

自閉っ子と動物が、とても仲良しだというのも、有名な話です。

言葉に頼らないコミュニケーションが成立しているとしか、考えられません。

 

多数派さんは、「言葉が使えるから高等なんだ」と思っている節がありますが。

実は、そうではなくて。

単に動物として大切な何かを失っただけかもしれませんよ?

 

自閉っ子は共感能力が低いって言いますけど。

本当の意味での「共感」は、言葉を発しなくても分かり合えることなんじゃないでしょうか?

 

宇宙語を話すことの意味が、瞬時に理解できる自閉同士。

ここに、明らかに「共感」があるではありませんか。


自閉という文化

 

宇宙語一つをとってみても、多数派さんと自閉さんの間には、大きな理解の隔たりがある。

自閉さんには自閉さんの、文化があるのです。

それは、多数派さんよりも豊かで、美しい文化なのかもしれません。

メルトダウン

心のメルトダウン

 

メルトダウンって、一時沢山聞いた言葉だと思います。

原発事故の時に、聞きましたよね?

 

メルトダウンという言葉の意味を調べてみると。

炉心溶融とも呼ばれる。原子炉の重大事故の一つで、冷却機能の故障により、炉心の温度が異常に上昇し、核燃料が融解することを言う。燃料の大部分が溶け、圧力容器の底に溜まった状態をメルトダウンと呼ぶ。」

とあります。


しかし、今回の記事で取り上げる「メルトダウン」は、原発事故のメルトダウンではありません。

ASD(自閉症スペクトラム)の人に起こる、「メルトダウン」です。

 

自閉症におけるメルトダウン

 

以前、ツイッターでこんな記事が注目されました。

メルトダウンに陥ったASDの女性の動画です↓

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52194431.html

 

この「メルトダウン」、アメリカでは一般的に使われている言葉のようです。

日本で言う自閉症スペクトラムの「パニック」のことです。

しかし、「パニック」というと、なんだか「パニック障害」と混同されそうで。

少々気になっていました。

 

なので私は、パニックのことを「メルトダウン」と表現していました。

主治医に報告するときも、「メルトダウン」と伝えていました。

アメリカではそう呼ばれているとも知らず…。

最近、アメリカでは「メルトダウン発作」と呼ばれていると知って、本当に驚きました。


メルトダウンの時の心の状態

 

私も、仕事をしている時、ストレスやなんやらでいっぱいいっぱいになってしまって、

家に帰ってから、大爆発を起こして。

メルトダウンを起こしたことが、何度もあります。

 

酷い時は、毎日帰宅後にメルトダウン

泣いたり。

頭をガンガン叩いたり。

 

それは、「パニック」というようなものではなくて。

本当に、「メルトダウン」という言葉の方が適切だと思うくらいの激しいものです。

 

メルトダウンのときは、外から見たら、訳が分からなくなっている「パニック状態」に見えるかもしれません。

しかし、本人の心の中は、こんなことが起きています。

 

沢山の刺激に、溺れてしまっていて。

異常な興奮状態になって。

エネルギーが大爆発していて。

冷却装置もうまく働かなくなっていて。

心の中はどんどん高圧になっていって。

行き場がなくなったエネルギーが爆発的に放出される。

 

どうにも処理のしようのない、訳の分からない感覚は、泣き叫んだり、頭を壁に叩きつけたりという行動として昇華しようとします。

私も、実際に泣き叫びましたし、頭をガンガン自分でたたきました。

 

心がいっぱいいっぱいになっている時。

本当に些細な刺激で、簡単にメルトダウンしてしまうんです。

心の中は、原子炉のように、小さな粒々(いろいろな細かな刺激)がすごい勢いでぶつかっていて。

莫大なエネルギー(ストレス)を生み出しています。

それが、制御不能になって、心という容器を融かし。

中身がこぼれてしまいます。

 

そして、メルトダウンの後は、暫く呆然とします。

発電ができなくなっている状態です。

回復するまで、しばらく時間がかかります。

それも、メルトダウンに例えられる理由かな、と思います。


困らせるかもしれませんが、困ってるんです

 

メルトダウンって、周囲の人にとって、とても困った状態かもしれません。

でも、一番つらいのは、本人なんです。

制御不能に陥って、自分の心や体を傷つけたり、壊しててしまう。

本当に、しんどい状態なんです。

 

周囲の人のストレスを減らすことはもちろん、ASD当事者の心と体を守るためにも、メルトダウンの回数は減らさなければなりません。

本人の努力だけでは、どうにもならないことが沢山あります。

 

周りの刺激を減らしたり。

何が刺激になっているのか、理解したり。

多数派さんにとっては何でもないことが、メルトダウンのきっかけになることを、理解しておいてほしいのです。

 

もし、メルトダウンが起きてしまった時。

メルトダウンの間は、声をかけたりせず、そっとしておいたり。

静かに、見守ってほしいのです。

エネルギーの放出が止まるまで、危険なこと以外は、放っておいてほしいのです。



内側から見たメルトダウン

こんな感じです。

いかがでしょうか?

WAIS-Ⅲの結果を紐解く

知能検査について

知能検査(WAIS-Ⅲ)について、発達障害の特性と関連した解説を見つけて、読みました。

それについて、ちょっとまとめてみようかと。

 

ただし、これが絶対に正しいとは限りません。

また、私なりの解釈も入っています。

 

なぜ知能テストを受けるのか

まず、なぜ知能テストを受けるのか、ということについて。

発達障害者が社会で生きていくために、発達障害であることの告知が必要

・告知によって自己理解を進めることが大事

・診断名を伝えるだけが告知ではなく、個々に特性が違うことを伝えることが重要

・各々の特性を知ることが大事。

・特性を知るために、知能検査を受け、問題の原因と対応を考える

 

なるほど。

確かに、自分が発達障害である事を理解するというのは、とても大事なことだと思います。

知らずに自己肯定感を低下させ続け、自分の人生に意味を見いだせないまま死んでいくくらいなら。

発達障害であることを受け入れ、自分の特性を理解し、課題を見つけ、それを乗り越えていく。

たとえそれが苦しくても、そのほうが充実した人生が送れるのではないかと思います。


しかし、知能テストの得点にばらつきが多いから障害だ、少ないから問題がない、というわけではなく。

あくまで、「参考になるもの」という程度である、ということは間違いないようです



自閉症スペクトラムで言語理解が高い場合

私の場合も、これにあてはまります。

 

・たとえ難しい言葉を知っている人でも、簡単な言葉の使い方を知らなかったりする。

 例:「わかりません」が言えない、など

・形のないもの、目の前にないものは理解しにくい(視覚優位の人が多い)

・代名詞が何を指すかわからない

・肝心な時に助けを求められない可能性がある

 

うーん、確かにそうかも。

慣れない人に「わかりません」ってなかなか言いにくいし。

形のないものは分かりにくいし。

「助けてください」が言えない。

どう助けを求めていいか分からないんですよね…。

 

そのため、指示や助言は端的に。

感情に訴えるのではなく、本人の言葉を使って理屈で伝えるのがよい、とのこと。



ワーキングメモリが弱い場合

私の場合ですね。

 

・聴覚的ワーキングメモリが弱く、会話の話題や人の相手の話の内容を覚えるのが苦手な場合がある

・視覚認知や視覚記憶が優れている場合、それで聴覚的ワーキングメモリを補える

・検査中も日常も、聞きもらし、聞き間違い、聞き返し等、聞くことに関するトラブルが目立つ

・口頭指示をその場できちんと復唱できない

・同時に複数のことを記憶することができない(話を聞きながらノートを取るなどが苦手)

・雑音・騒音に弱い

・聴覚的な丸暗記が苦手(九九や百人一首

・会話中、話題がそれる

・作業中、目標を忘れる

 

はい、まったくもってその通りでございます(苦笑)

聞き返し・聞き間違い・聞きもらしは、日常茶飯。

検査中に、何回問題を聞き返したか…。

数唱はダメダメだったし。

話を聞きながらメモを取ることができないので、電話で話しながらメモを取るなんて無理だし。

雑音・騒音にはすぐに頭をかき乱されるし。

九九は苦労したし、百人一首も全くダメだったし。

会話中にどんどん話がずれていくし。

 

対処は、メモを取る、ボイスレコーダーを使う、スマホのリマインダーを使う。

一般的に言われている対処法ですね。



処理速度が遅い場合

自閉症スペクトラムの人の場合、指示が曖昧でないか、確認

・他者のスピードに合わせる訓練が必要

・タイマーなどで時間を明示し対応する

 

優先順位をつけたり、時間に間に合わせるために自分に合った方法を見つけることが大事なようです。

私の場合、かなり早めに作業に取り掛かるようにしています。

無意識にそういう対応をしてきたため、処理速度が遅いことに気づいていなかったようです。


検査全般を通して、集中力が途切れやすい場合

・符号、記号探しの検査

 私も、この検査中、途中で集中力が切れてしまい、手が止まってしまっていました。

カウンセラーさんのコメントにも、「時間を計っていると、それに気を取られて集中できなくなる」と書いてありました。

集中することが少々苦手なようです。

 

・黒板などに集中しにくい

・感情のコントロールが苦手な可能性(怒りだけでなく喜びも鎮まりにくい)

・姿勢が保ちにくい

・衝動的な行動が目立つ可能性(言葉より先に手が出たり、視界に入ったものを無視できないなど)

 

感情のコントロールは、確かに苦手。

イライラしたら、しばらくおさまらないし。

嬉しいときも、しばらく興奮状態でなかなか落ち着かないし。

姿勢は、常にぐにゃぐにゃ。

言葉より先に手が出ることもある。

特に、歯科治療中はパニックになっているので、「いやだ、やめて!」と言う前に手が出てしまう。

そして、視界に入ったものが気になって、気が散ることなんて、しょっちゅう。

 

自分を理解するツール

なるほどなぁ。

そんな風に解釈していくと、自分のことがより深く分かる。

知能テストで、障害名が定まるわけではないけれど。

得意不得意は、ある程度はっきり分かるわけですね。

この結果念頭に置いて、いろいろ対処をしてくことができるでしょう。

元気になったんじゃなくて…

そわそわしてるんです

 

私は、ASD(自閉症スペクトラム)以外にも、ADHDも合併しています。

ASDとADHDのハイブリッドです。

 

中学生の頃。

授業参観に来た母が、言いました。

「なんでじっと座ってないの!みんなちゃんと座ってるのに、一人だけガサガサして!」

今から思えば、立ち歩きこそしないものの、ADHDの特性が出ていたんだと思います。

知能テストを受けたときにも、気が散って集中できないことを指摘されました。

気が焦って、そわそわせかせかしてしまうんですよね…。


元気そう?

 

調子が悪いのに、「元気そうだね」とか、「元気になったね」と言われることが、よくあります。

私自身は、疲れてぐったりしているのにもかかわらず、そう言われるのです。

 

昔から、疲れてくったりしていると、「ちゃんとしなさい!」と怒られました。

「疲れた」と言うと、「このくらいで疲れるはずない!」と、怒られました。

そのせいで、疲れていても、元気なようにふるまう癖がついています。

それも、「元気そうだね」って言われる原因の一つだと思います。

 

他にもうひとつ、思い当たる節があります。

もしかして、ADHDの特性によって、そう見えている部分もあるのではないか?

ということ。

 

どんなに疲れていても、「○○しなきゃ!」と思うと、見えない力に突き動かされるように、動いてしまう。

疲れているから止まりたいのに、止まれない。

するとなったら、全速力で行動してしまうので、周りからすると、「疲れたって言ってるけど、元気じゃないか」となるのかもしれません。

 

衝動が強くて。

動きだしたら、止まれない。

常に動き回ってしまう。

まるで、おもちゃの、引っ張ったら走り出す車みたいに。

きっかけがあると、ぴゅーん!と飛んでいってしまう。

そんな感じ。

 

思考もそんな感じで。

思考の多動もあるようで、考えだしたら、ものすごい勢いでいろいろ考えてしまう。

でも、ブレーキがかけられない。

 

ブレーキの壊れた車

 

走り出したら、もう走り続けるしかないのです。

次のコマンドが来るまで、走り続けます。

誰か、後ろから引っ張っててほしいくらい…。

迷子紐つけておいてほしいと、何度本気で思ったことか(笑)

 

衝動をおさえたい。

動き回る身体をおさえたい。

考えが巡る脳を、止めたい。

そう思っても、自力でコントロールすることが、難しい。

 

そんな状態を見て、「元気になったね」とか。

「やればできるじゃないか」って、言わないで…。

すごくしんどい状態なんです…。