kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

ADHDの原因は?

ADHDの原因

 

原因と言っても、まだ「これが原因だ!」と特定されているものはありません。

まだまだ、ADHDに関しては研究段階で、いくつかの候補が上がっている、という状態です。

 

ADHDの原因と考えられるもの

 

・生まれつきの脳の体質

・脳の機能の発達のアンバランス

・神経生物学的要因

・遺伝的要因

・環境的要因

など

 

これらのうち特定のものが原因となっているのではなく、様々な要因が複雑に絡み合って症状が出る、と考えられています。

 

生まれつきの脳の体質

これは、後述する神経学的要因と関係します。

脳内伝達物質の働きが悪いという、持って生まれた体質によるものと考えられます。

 

脳の機能の発達のアンバランス

 画像診断の発達により、ADHDの人は、健常者に比べ、脳の前頭前部や尾状核淡蒼球、小脳虫部といった部分が、小さいことがわかってきています。

これはつまり、脳が全体的にバランスよく発達せず、ところどころ発達に遅れがあることを意味する、と言われています。

 

人間の脳は、生まれてから長い時間をかけて完成します。

はじめは、生きるのに必要な部分が発達し、最後に、衝動や行動をコントロールする部分が発達することがわかってきています。

 

衝動や行動をコントロールするのは、前頭前部と呼ばれる部分です。

そこが発達するのが、およそ2~3歳ころ。

1年から2年かかって、ゆっくりと発達するといわれています。

 

ちょうど、「イヤイヤ期」とか「ギャング・エイジ」と呼ばれる年齢のころです。

何を言っても、何をしても「イヤ!」と言い。

時には手が付けられないほど泣き叫び。

自分の思い通りにならにことにかんしゃくを起こし。

そんな経験を積みながら、どうやって自分の衝動や行動をコントロールするか、学んでいるのです。

 

ADHDの人は、そのころに、脳がうまく発達しなかったのかもしれません。

自分の衝動や行動をコントロールする力の発達が遅れてしまいますが、発達が止まってしまうわけではありません。

ですから、ADHDの人は、成長とともに多動や衝動といった症状が、マイルドになっていくこともあります。



神経生物学的要因

ADHDの人は、上記のような脳の発達のアンバランス以外に、神経伝達物質であるノルアドレナリンドーパミンの働きが悪いことが指摘されています。

ノルアドレナリンドーパミンは、脳を興奮・覚醒させる物質です。

それらの物質が不足していることにより、脳の覚醒レベルが低下し、脳を起こそうとして多動が出るとも考えられています。

また、脳の覚醒レベルが低いことが原因で、不注意が起こると考えられています。

 

コンサータストラテラは、そういった神経伝達物質に作用する薬です。

これらの薬で、ADHDの症状が改善することから、神経伝達物質の不足がADHDの症状を招いていると考えられています。

 

環境的要因

親がADHDであったり、落ち着きのない人であるなど、育った環境が子どもの行動に影響を及ぼしている、ということも考えられています。

 

遺伝的要因

遺伝については、少し長くなるので、次回の記事で説明します。


まだまだ研究途上

以上のように、ADHDが起こる仕組みについては、まだまだ研究段階であり、はっきりとしたことはわかっていません。

今後、もっと研究が進み、解明されることを期待します。