kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

社会人1年目でドロップアウト

引きこもり

 

会社を辞めた私は、人材派遣会社に登録しながら、3か月ほど引きこもり状態で過ごしました。

 

今から思えば、新卒で就職して起きたのは、発達障害の特性による適応障害だったのでしょう。

でも、そのころは自分が発達障害だなんて知りもしませんから、なぜみんなは何とか耐えてるのに、自分だけこんなにダメなんだろう…と悩みました。

 

意味の分からないい人間関係

 

先輩との付き合いも、謎でした。

女子だけの部署で、学校の部活の上下関係の、悪い部分をそのまま持ってきたような雰囲気なのです。

同期の子が、先輩を「○○さん」と呼びました。

普通の会社では、当たり前のことです。

が。

その子は、「さんじゃない、先輩と呼びなさい」と怒られていました。

 

普通ってなんですか

 

先輩の同行で営業に行った帰り。

事務所のビルの1階にあるコンビニで、先輩とお昼ご飯を買っていました。

私はさっさと選び終わり。

先輩はとても時間がかかっていました。

私は、先輩を待つべきかどうか、悩みました。

私なら、後輩に「先に戻って休憩していなさい」と言うからです。

でも、先輩は何も言いません。

だから、入口で一応待っていました。

先輩がレジを終えてこちらへ向かったので、私は入口を出て、つかず離れずの一定の距離のまま、ビルのエレベーターに先輩と一緒に乗りました。

そこで、先輩は言いました。

「いくらイヤやとか、嫌いやからって、普通待ってるもんやで。」

私は、「は?誰が嫌いだと言った??どれだけ気を使ってたと思ってるんだ!」と心の中で思いながら、「はい」としか言えませんでした。

 

向いていなかった

 

元々、脳の作りが違って、コミュニケーションや社会性に躓きがあるのですから、全く向いていない仕事でした。

先輩との付き合いも、独特過ぎて、意味が分かりませんでした。

学校の先輩後輩関係とも少し違う。

通常の社会人の先輩後輩の関係とも、違っているようで。

どうしていいのやら、途方に暮れていました。

 

所詮、私がついていけるような会社ではなかったのです。

周りの環境も、私に適していませんでした。

今考えると、それがよくわかります。



社会からドロップアウトして、これからどうしようか、不安でいっぱいでした。