読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

静岡のてんかんセンターに行くことになりました

やっぱりダメだった抗てんかん

 

昨日は13:30の予約で、医大神経内科に行ってきました。

ちょうどいいタイミングのバスがなくて、30分も早く着いちゃったのですが。

昼からだったのですごく空いていて、13:00には診察室に呼んでもらえました。

 

入ってすぐ、「薬どうでしたか?」って聞かれたので。

「めまいと吐き気が激しすぎて起きられなくなっちゃいました」と答えると。

「あぁー」と先生落胆(;^ω^)

「もう使える薬がないから…やっぱり静岡とか、大きい病院に行った方が…」と言われました。

 

静岡てんかんセンターに行く覚悟

 

2日フィコンパを飲んだ時点でもう飲めないほどのひどい副作用で、飲むのを中止したので、本格的に静岡てんかんセンターへ行くことを考えていました。

数日間、公式のHPや、いろんな方のブログを読んで調べて、何とか行けそうな場所であること、宿泊などの問題、初診日の手順など調べ上げました。

そして、「とにかく行ってみよう。行った方がよさそうだ」という結論に達していました。

 

なので、先生が「大きい病院に行ってみる?」と言ったときに、「その覚悟を決めてきました」と答えました。

「行ってみますか。では、静岡ということで…。静岡なら、今までにやり残してることがあったらやってくれるやろうし、ほかの治療方法知ってるかもしれないし、そもそもてんかんかどうかの判断もきちんとしてくれるだろうし。もっと深く掘り下げてくれると思う。」とのことでした。

 

医者に謝られる

 

そして、「ごめんね、お役に立てなくて…」と謝られました。

いったい何人目でしょう、如月に「治療できなくてごめんね」と言った医者は(笑)

えーっと、1人、2人、3人、4人……。

私は医者に謝らせるプロかw

 

紹介状をもらう

 

というわけで、その場で紹介状を書いてくれました。

途中で先生が私に「ちょっと待っててね」と言って、どこかへ行っちゃって、待ちぼうけしていたら。

神経内科の看護師さんが「誰か待ってるの?」と聞いてくれました。

「先生が紹介状くれるのを待ってます」と言ったら、先生の机を見てきてくれて、「紹介状もうできてたから、渡すね」と言われました。

 

でも、先生が待っててって言ったし…。

それを看護師さんに伝えると、「あ、それなら何かまだあるんだろうから、ちょっと待っててね」と言われました。

 

もうしばらく待っていると、先生がCDを持って戻ってきました。

なるほど、脳波のデータを取りに行ってたのね。

その後、無事に紹介状と脳波のデータをもらって、会計を済ませて帰宅しました。

 

てんかんセンターの予約

 

帰宅後、静岡てんかんセンターの初診の予約をして、6月9日に予約が入りました。

6月4日に、障害者歯科センターの予約が入っているので、その後にしようと思って。

障害者歯科センターの方は、N先生を指定して予約してもらっているので、変更できませんからね(笑)

 

日帰りは無理なので、6月8日に静岡入りする予定です。

とりあえず初診は1日で、その時の状態次第で検査入院するかどうかが決まります。

 

自立支援医療証の手続き

 

通院なので、自立支援医療証が使えます。

また病院変更の手続きしなきゃいけないんだけど、医大の追加がまだ完了してなくて、支払いがまだなので先にそれを済ませないといけません。

すごくややこしいことになってしまって、担当課のお姉さんと「えーっと、どうしたらいいんでしょう??」って言いながら考えてました(笑)

 

不安と期待と緊張と

 

とりあえず、静岡に行くと決めたので、少し落ち着きました。

ちょっと楽しみでもあり、怖くもある。

ドキドキです。