読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

療養生活4年目だけど

療養生活4年目、変化なし

 

療養生活が続いていて、すっかり忘れておりましたが。

4月頭で、療養生活も4年目に突入しております。

 

仕事を続けられなくなって、休養+退職の為に有給消化に入ったのが、4月頭でした。

なので、まる3年仕事をせずに療養生活をしたことになります。

ということは、発達障害などの診断を受けて、まる4年が過ぎたということです。

 

3年間、通院以外はほぼ引きこもりの状態で生活しているわけですが。

状態はちっとも改善していません。

心身ともに、壊れたころのままです。

 

心と体が壊れたら元に戻らない

 

4月から、社会人として働きだした人たち。

環境が変わった人たちがたくさんいます。

どうか、命を削るほどの無理だけはしないでください。

 

私を見てもらえれば、わかると思います。

一度壊れた心と体は、簡単には元に戻りません。

数か月では、元には戻らないのです。

年単位で休養を必要としたり。

もしかしたら、一生もとには戻らないかもしれません。

「回復」と言われる状態に持って行けたとしても、完全な元の状態には戻りません。

 

疲れやすかったり、頭の回転が落ちたり、いろんな不具合を抱えたまま、生きていかなければならなくなります。

 

携帯電話と同じ

 

それは、例えるなら、電池がバカになった携帯電話です。

フル充電するのに時間がかかる。

フル充電したのに、すぐに電池が減ってしまう。

突然電源が落ちる。

そんな携帯電話と同じ状態が、人間にも起こるのです。

 

人間も、一度壊れたら、元には戻らないのです。

元に戻らない状態で生きていくのは、非常につらいことです。

壊れる前には難なくこなせていたことが、できなくなってしまうのですから…。

 

SOSは無視しないで

 

だから、自分の体や心が発するSOSは、無視しないでください。

SOSを無視して、今無理して、後々ずっとつらい思いをして生きるか。

今、SOSに従って、少し我慢して休養して、回復して生きるか。

どちらがいいかは、すぐに答えが出るでしょう。

 

壊れてしまったら、元には戻らない。

誰もが、いつ壊れてもおかしくない。

これが当たり前のことなのに、なぜか「人間は壊れても元に戻る」とか、「自分は壊れない」と思っている人が多いように思います。

 

例え、何割かは元に戻っても、完全に元に戻ることはない、そのことを頭に置いておいてほしいと思います。

 

本人も、周囲の人も、充分気を付けてください。