読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

専門医に紹介してもらえることになった

ようやく専門医にかかれることになった

 

昨日は、メンタルクリニックの定期通院日でした。

この2週間、長かった!

待ちに待った通院日だった(笑)

 

いつものように、朝イチで診察券を出しに行って、「1時間待ちです」と言われたので、いったん帰宅。

そして、再び病院へ行きました。

病院まで徒歩1分なので、帰宅して待ち時間を過ごせるので、本当に助かっています。

 

誰?顔がわからない

 

病院に戻ったときに、すれ違った人に「おはようございます」ってあいさつされたんだけど。

誰かわからなくて、とっさに頭を下げて通り過ぎました。

誰?知ってる人?

歯医者さんの衛生士んさん?とか考えてたけど。

後から考えたら、もしかしてメンタルクリニックのお姉さんだったかも…。

 

診察と、紹介状

 

いつものように、気分表と絵のコピーを提出。

そして、今回はてんかんを大学病院で診てもらうため、紹介状を書いてほしいとお願いを書いた紙も渡しました。

 

紹介状を書いてほしいということに関しては、すぐOKが出ました。

「書くのはいいけど、すぐには書けないよ。2週間か…もしかしたらGW明けになるかも」とのこと。

書いてもらえるなら、別に急ぎはしません。

とりあえず、紹介してもらえるということで、ホッと一安心(#^^#)

 

絵のこと

 

そして、先生が絵のコピーを見ました。

「さくら」と「Mystic white」。

「今年は桜がまだ咲かないねぇ」という話をしていたところだったので、さくらの絵はナイスタイミングでした(笑)

そして、Mystic whiteについては、もう一つの意味、先生すぐ気づいていました。

うん、わかる人にはわかるよね(;^ω^)

 

ノートテイクが難しい

 

続いて、気分表の解読。

地元の観光名所でドラマの撮影をしていた話をして。

「書字障害にはフリクションペンが効果があるという話を聞いた」ということを話して。

ついでに、如月のノートテイクの困難さについても話しました。

 

黒板に書いてある文字を、ノートに書き写そうとすると、すごく時間がかかるんです。

その間に、黒板を消されてしまいます。

ひどいときは、3文字を覚えて写すのが精いっぱい。

それで、何度も黒板とノートを見比べるものだから、めちゃくちゃ時間がかかるんです。

 

その話をしたら、「不注意の極みだね」と言われました。

短期記憶が壊滅的だからなぁ…(´・ω・`)

絵を描く能力と、文字を書き写す能力と、やっぱり違うものなんだろうね、という結論になりました。

 

楽に生きることが、一番大事

 

そのあと、また紹介状の話に戻って。

先生が「医大に行ったら、ぼくらも知らんような神経系の検査もできるやろうし、行ってみるのもいいかもね。ただし、もし治せたとして、その後創作意欲が残るかどうかはわからない…」と。

もう、創作活動どうこうよりも、しんどいことに我慢がならない私は、ついに言いました。

「創作意欲なんかより、楽に生きることの方が大事!」と。

 

そうすると、先生が「そこまで覚悟があるなら、できるところまでやってみよう!」と。

いや、私はずっと覚悟してますよ?

渋ってたのは先生じゃないですか…。

そもそも、てんかん=創作意欲でもないし。

どうしてそれが先生の中で結びついているのか、謎です。

 

すれ違い

 

私の感覚としては、今描いている絵はてんかんに関係ないものです。

どちらかというと、発達障害由来のものだと思っています。

だから、もし原因がわかって、発作が治まったとしても、創作意欲は消えないと思っています。

どこからくるものかわかりませんが、自信があります。

 

それに、働くことができないから、絵を描いて少ないながらも収入を得ようとしているのです。

少しでも体が楽になって、障害者枠でも働けるなら、その方が、今のところは賃金を得る手段として、一番手っ取り早いのです。

もちろん、絵も描き続けますけど。

 

そんなこんなで、やっぱり認識のすれ違いを感じながらも、とりあえず治療上、一歩前進ということで、ホッとしています。

診断書をもらったら、医大の予約を取って、検査して…。

しばらく時間がかかりますが、ぼちぼちこなしていこうと思います。