読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

2~3歳のころ

2~3歳のころのこと

 

2歳頃から、鮮明な記憶が一気に増えていきます。

このころに見た夢の内容も、覚えています。

 

2歳半のころ

 

もうすぐ弟が生まれる、ということで、家族で出かける機会が減るだろうからと、遊園地へ連れて行ってもらいました。

ステージショーの席のところで、おにぎり屋さんで買ったおにぎりを食べ、ソフトクリームを食べたことを覚えています。

そして、ポールを中心にして回る、ヘリコプター型の乗り物に乗ったことを覚えています。

あの、ディズニーのダンボの乗り物みたいなやつです。

ヘリコプターには、父親と乗りました。

私は、ハンドルを握って離しませんでした(笑)


2歳8か月のころ

 

弟が生まれる直前でした。

母方の祖母はもういなかったので、弟が生まれたら父方の実家に帰ることになっていました。

私と父は、一足先に祖母の家へ。

その時、はじめてチャイルドシートにくくりつけられました。

いつも、車の中では母が私を見ていましたが、父と二人なので、運転中に危険な目にあわないように。

いつもよりずっと視線が高くなり、視界が開けて、フロントガラスの向こうの景色が見えるのが新鮮で、泣くこともなくおとなしく座っていたことを、はっきり覚えています。

 

弟が生まれた

 

 

弟が生まれました。

母だけ先に、父の実家へ帰ってきました。

弟は黄疸でまだ産院にいたので、母は毎日母乳を絞って持って行っていました。

私も、それについて行ったことがあります。

弟は、保育器の中に入れられていました。

 

しばらくして、弟も退院して父の実家へ来ました。

 

弟は新生児ですから、昼夜関係なく泣きます。

同じ部屋で家族で寝ていたので、夜中にその泣き声で私も目覚めてしまうという毎日が続きました。

母は、当然弟の世話をしています。

私は、それが嫌で泣きました。

やきもちを焼いていたんですね。

(その時は嫌だとか、自分の感情はよくわかっていませんでした)

泣く私を寝かしつけようと、父が私のお腹をトントンしてくれました。

それが気に入らない私は、「お母さん、トントン!」と繰り返しながら、泣き叫びました。


小さくても、状況はわかっている

 

でも、ちゃんと頭では分かっているんです。

赤ちゃんがいるんだから、わがままを言ってはいけない

お父さんがちゃんと見てくれているんだから、お母さんを呼んではいけない。

心の中では、「おとうさん、ごめん。でも、おかあさんがいいのー!」と思いながら泣いていました。

 

小さくても、ちゃんと分かっているんです。

でも、まだ自分で自分をコントロールできないだけなんです。

自分の中に天邪鬼が住んでいる感じ、といったところでしょうか。

単に泣き叫んでいるのではなく、ちゃんと本人なりの理由があるのです。

そしてそれを、受け止めてほしいのです。


3歳のころ

 

3歳になったころ。

母は台所で、お昼ご飯のおにぎりを作っていました。

私は、それをすぐ横で見ていました。

そのとき、弟が泣き出しました。

母は私に、「ちょっとヒロ(弟のこと)トントンしてきて。」と言いました。

私は、おにぎりを作っているところを観察していたかったので、「イヤ」と言いました。

それでも、母に促されて、弟をあやしに行きました。

すごく不満だったことを覚えています。


記憶力のよさ

 

わたしにとって、こういう記憶はごく当たり前なのですが、周りの人に言うと驚かれます。

そんな昔のことまで覚えているのか、と。

今でも、○年前の○月○日、○○があった、なんていうとびっくりされます(笑)

大したことではありません。

だって、頭の中には、DVDが沢山、図書館のように理路整然と、カレンダー順に並んでいるのですから…。