読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、てんかん、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

発達障害の診断の為に病院を受診

発達障害の診断を受けるに至るまで

私は、26歳の時に自閉症スペクトラム障害の診断を受けています。

なぜ、大人になって診断を受けるに至ったのか。

その経緯を、書いてみようと思います。

 

大学生のころ

 

 

事の始まりは、大学生の頃。

当時、「光とともに」がドラマ化されました。

メインテーマである、「自閉症」という障害。

この時、はじめて「自閉症」という言葉を知りました。

 

元々、知識欲が旺盛だった(今から思うと、これも発達障害の特性なんですよね)私は、インターネットで「自閉症」について、片っ端から調べました。

当時はまだ、子どもの事をつづったブログやHPが多く、「へぇ~、見えてる世界が違うこどもたちがいるんだなぁ。」くらいにしか思いませんでした。

 

検索の中で、いくつかヒットした数少ない大人の当事者のページを見つけました。

その時は、アスペルガー症候群のページだけがヒットしていました。

 

特性を読んでみて、「あれ、何か自分と似てるなぁ。」と思いました。

でも、自分には友達もいるし、吹奏楽部でちゃんと活動も出来てるし、コミュニケーションが取れないとかいうことはないなぁと思い。

「私は違うな」というふうに、考えていました。

今思えば、まだ学生だったから、困ったことにはなっていなかったんですね。

 

しかし。

そのあとすぐ、あの有名な、「自閉症だった私へ」という本を読むと。

半分くらい、あてはまるんです。

だから、「自分もこれかもしれない。いやでも、ここまで酷くはないからきっと違うんだろう。」と考えて、その時はそこで終わってしまいました。

 

社会での挫折

 

その後、私は就職活動を始めます。
某有名保険会社で、保険外交員として営業職に就き。

全く合わず、毎日出勤することが苦痛で仕方がなくなりました。

「死んだら楽になるだろうか」と、地下鉄に吸い込まれそうになりました。

 

1カ月と少しで、会社に行こうとすると足が震えて立っていられなくなりました。

会社に行けなくなったのです。

完全にうつ状態だと思い、心療内科に行きました。

そこでいろいろ話を聞かれ。

うつ状態である」と診断されました。

このままではいつか自殺してしまう。

そう思った私は、退職しました。

 

そこから3か月引きこもりました。

地元へ帰り、地元の某公共機関のアルバイトとして働き始めます。

たまたま空きが出ていた窓口に、元営業職ということで、配属されました。

ここは、メンバーがとてもよくて、最終的に6年間在籍しました。

 

再びの不調

 

その間に、出かけると酷く疲れたり、頭痛がして動けなくなったりすることが多くなり。

後輩としゃべっている時に、「気になるのなら、病院に行くだけ行ってみれば?」という流れになりました。


 おそらく、不安障害とかになるだろう、行くなら心療内科だろうと思い、近所の病院の検索をはじめました。

一番近くにある病院の、診療実績の中に、「発達障害自閉症、LDなど)」という言葉を見つけ。

ふと、大学時代に似てると思った自閉症のことを思い出しました。

 

もう一度、自閉症について調べてみる

 

ここからまた、ネット検索が始まりました。

以前検索した時よりも、高機能自閉症アスペルガー症候群といった、大人の発達障害などのページが増えていて。

当事者さんの声も、沢山聴けるようになっていました。

いろいろ調べて、やっぱり自分もあてはまるんじゃないか、と気になりだしました。

AS指数の簡易チェックもみつけて、やってみました。

結果、閾値を超えていました。

 

歯医者さんの対応との共通点

 

検索しているときに、あることに気が付きました。

私は歯の治療が大の苦手なのですが。

調べている間に、自閉症の子どもの歯科治療の支援についての情報も得ました。

それは、かかりつけの歯医者さんが、私にしてくれていることと一部同じもので。

また、障害者専用の歯科センターで、かかりつけの歯医者さんの同行の元、治療してもらったこともあり。

 

発達障害の可能性は高いかもしれない。

そう思った私は、出かけるのが辛いことの相談のついでに、発達障害についても調べてほしいと考えるようになりました。

 

受診することを決意

 

もう一度、通えそうな病院をチェックし。

おとなの発達障害の診断ができる病院を検索し。

そうすると、市内には2軒しかありませんでした。

そのうち一つが、一番近い(徒歩一分)メンタルクリニックでした。

一番近い病院で、と選びましたが、これが後々、幸運だったことが分かります。

 

メンタルクリニックを受診するのに少し抵抗のあった私は、ネットで精神科ってこんなところだよ、怖くないよ、というHPを見て。

受診することを決心しました。

 

受診するにあたって、そのときすでに話し言葉が得意ではないことを自覚していたので、困っていること、聞きたいこと、気になること、今まであったエピソードで関係のありそうなこと、すべてピックアップしてメモにしました。

A4のルーズリーフの裏表、びっしりいっぱいになりました。

ここまで準備して。

次は、いよいよ受診です。