kaleidoscope

自閉症スペクトラム障害、ADHD、うつ病を抱える如月の万華鏡のような頭の中を、書き連ねていきます。わわわアールブリュット作家。

記憶力

記憶力が良い 発達障害(特に自閉症スペクトラム)では、記憶力が異常にいいということが、よく取り上げられます。 私も、記憶力はかなりいいです。 たとえば。 「発達障害・乳幼児期」のテーマにもあるように、一番古い記憶が、1歳半です。 映像のない、感…

指定席(場所へのこだわり)

大事な指定席 私には、家の中に指定席があります。 食卓での指定席は、どの家庭でもあるものだと思います。 それと同じように、食卓以外にも指定席があります。 指定席と言ってしまえば聞こえはいいですが。 ズバリと言ってしまうと、「ここに座らないといけ…

髪型へのこだわり

お決まりの髪型 今までにも、いろいろなこだわりを書いてきましたが。 髪型にも、こだわりがあります。 なので、かれこれ10年ほどは、ずっと同じ髪型をしています。 短い髪型にしてからは、もう15年ほどになります。 最初は、横の髪も短かったのですが、今は…

小説におけるこだわり

私は、森博嗣氏の小説・絵本が好きです。 森作品は、手に入るものは片っ端から買いあさっています。 もうこれは、ある意味こだわりです。 きっかけ 最初に森作品と出会ったきっかけは、福井晴敏氏の「亡国のイージス」にはまったことでした。 そのファンの方…

こだわりと不安

ストックする癖 こだわりというかなんというか、私は昔から、物のストックがないと不安になります。 日常生活品はもちろん、本や趣味に至るまで、とにかくストックを作ります。 たとえば。 一人暮らしをしていた時は、トイレットペーパーやティッシュは、必…

忍者へのこだわり?

趣味に近いけれど 今回は、忍者へのこだわりです。 歴史の中に含めてもいいけれど、どちらかというと趣味に近いので、別枠にしました。 私は、忍者が大好きです。 一時は、本気で将来の夢が忍者だったくらい。 私が、小学校2年生の時です。 はじめて、「忍…

歴史へのこだわり

趣味とこだわりとは、オーバーラップするものも多いのですが。 ここでは、こだわりという面から、趣味を考えようかと思います。 歴史が好き 私は、歴史が好きです。 なぜ好きになったか。 小学校2年生くらいだったかな。 当時住んでいた家の近くに、「弥生…

趣味かこだわりか?

趣味とこだわり 今回は、艦と飛行機へのこだわりです。 これは、趣味でもありますが、趣味を越えて半ば強迫的にグッズをコレクションしたりしているので、こだわりに含まれるかな、と。 艦大好き 艦は、「艦」と書いて「フネ」と読みます。 これも、私のこだ…

色へのこだわり

発達障害の人のこだわりは、よく言われていますが。 こだわりにも、いろいろあります。 色へのこだわり 私が5歳だったとき。 私は、コマ(補助輪)付きの、真っ赤な自転車に乗っていました。 5歳になったし、周りの子たちはそろそろコマを外して、走り回っ…

時間へのこだわり

時間を守らないと気持ちが悪い 私は、かなり正確に時間を守ります。 遅刻はしません。 理由は、時間を守らなければ、計画がすべて台無しになってしまうからです。 学校へ行っているときも、仕事をしていた時も、一度も遅刻をしたことがありません。 私は、毎…

知識欲とこだわり

こだわりという特性 自閉圏の人にはよくみられることですが、私にも「こだわり」があります。 今回は、そのうちの一つを取り上げます。 知らないことを知ること 一番役に立ったこだわりは、「知識欲」です。 私は、自分の知らない出来事に出合った時、それを…

静かな待合を用意してほしい

病院で 時々、病院で思うことがあります。 「静かな待合室を用意してほしい」と。 聴覚過敏 私は聴覚過敏があり、人の声がたくさん聞こえるところ、ざわざわしているところに長時間いると、すごくイライラして癇癪を起しそうになります。 それでも我慢をし続…

人の声を聴き続けるのがつらい

人の声がとてもしんどい 以前、近所のおうちが、住宅密集地にも関わらず、突然自宅のガレージでバーベキューをしていらっしゃいました。 それにもイラッとしたんですけど、一言注意を入れましたし、今後一切同じようなことがないならば、放置しようと思いま…

バリア機能があれば

欲しい機能 「バリア!」 小さいころ、オニゴッコをしているときに、この言葉を叫ぶと。 鬼がタッチできないというルールがありました。 「バリア!」と叫ぶことで。 自分の周りに、見えない壁を作ることができるんです。 そう叫ばれると、鬼は一切手出しが…

扱いにくい子?いいえ、どう扱ってもらったらいいかわからない子です

扱いにくい子? 発達障害を抱える子どもは、ちょくちょく「扱いにくい子」「困った子」と言われます。 じっとしていることができなかったり。 自分の思いを、うまく伝えられずに癇癪を起したり。 不安や恐怖でパニックになって、自分の行動を抑制できなかっ…

麦茶の味と味覚過敏

味が変! 味覚過敏を発揮してしまうできごとがありました。 お風呂上りに、麦茶を一杯飲んだ時。 「あれ?いつもと味が違う…なんか甘いぞ?」 一瞬、麦茶が腐っているのかと思いましたが、その麦茶は夕方に湧かしたばかり。 腐っているはずがありません。 そ…

絵の新作「さかな気球」完成

絵の新作「さかな気球」ができました! さかなシリーズです。 おさかなを描くのって、楽しい(∩´∀`)∩ ↓線画 ↓完成 さて、次は細密画の番。 何を描こうかなー。

好き嫌いの線引きの謎

食べ物の好き嫌い 私は、食べ物の好き嫌いが結構多いです。 食感が嫌だったり。 匂いが嫌だったり。 理由は様々です。 分類の謎 あれこれ、嫌いなものと食べられるものを順番に挙げていくと。 食べ物の好き嫌いの分類が分からない、とよく言われます。 たと…

絵の新作「不動明王」

絵の新作が完成しました! 「不動明王」です。 実験的作品です。 もうちょっとこう、目力がほしかったな…とは思うけど。 まぁ、まだ実験段階なのでこんなもんでしょうかね。 ↓線画 ↓途中 ↓完成 後ろの炎を描くのがとても楽しかったです。 風神雷神、金剛力士…

講義中に叫んでしまった

大学の講義中に… 講義中に、悲鳴を上げてしまったことがありました。 その日は、お天気が不安定で、折からの雨で、雷が鳴っていました。 遠くでゴロゴロ…。 講義は、日本史の講義。 イヤ~な天気で、教室は薄暗くて。 みんな、少しどんよりした雰囲気で、静…

辛くて辛いカレーの思い出

味覚過敏 タイトルですが、「からくてつらい」カレーの思い出と読んでください。 「からい」も「つらい」も、同じ漢字。 読み分けるのが面倒ですね~(笑) カレーの思い出 小学生の頃。 9歳の頃だったかなぁ。 夕食に、カレーが出ました。 それまでは、ず…

アーレン・シンドロームについて

文字が読みにくい 私は、どうやら文字が読みにくいようです。 本を読むのも、人よりも時間がかかります。 「アーレン・シンドローム」という言葉を知りました。 なんだ?と思って、調べてみると。 文字が読みにくい理由はこれかもしれない!と気付きました。…

手をぱちぱち叩く(常同行動)

手を叩く 何となく暇を持て余していたり。 ちょっと考え事をしていたり。 ちょっと興奮気味になっていたり。 そんな時、私は無意識に、両手をパチパチとリズミカルに叩きます。 ちょうど、拍手をするように。 でも、拍手のようなタイミングではなく、もっと…

イヤーマフの効果

聴覚過敏とイヤーマフ 自閉症の人は、聴覚過敏を持ち合わせていることがあり、そういう人たちは聴覚刺激から自分を守るために、イヤーマフなどのグッズを使っていることがあります。 私も、イヤーマフを愛用しています。 なぜかというと、触覚の過敏で、耳栓…

ギュッが嫌いで、ギュッが好き

肌に張り付くものが苦手 私は、ぴったりした服が嫌いです。 ボディラインが丸わかりな、ぴったりした服、ありますよね? ああいう服は、着ているとすごくイライラしいます。 特に、タートルネック。 あれは、首を絞められているように感じて、吐きそうになり…

感覚刺激グッズ

感覚刺激グッズが好き 発達障害の人は、感覚を刺激するグッズを持つことで、落ち着くということが多々あるようです。 私もそんな一人です。 私のグッズコレクション 私のお気に入りおもちゃコレクションを披露します! 今回は、赤ちゃんのおもちゃ、ラトル(…

痛覚、温感・冷感が鈍い?

過敏だらけの中で鈍麻もある 私、五感はほぼすべて過敏なのですが。 どうも、痛覚や冷感・温感が鈍いようなのです。 焦げるほど温めて 冬になると、足先が痛くなる(冷えている感覚はなく、ただ痛い)ので、暖を取ろうとします。 しかし、普通にファンヒータ…

モーター音やエンジン音が苦手

工事ラッシュです 我が家の回りで、また工事が始まりました。 都市整備で、大規模改革が行われ、あちこちで断続的に工事が行われています。 こういう工事には、重機や激しい音の出る機械が使われます。 そして、そういうものには、必ずエンジンやモーターが…

絵の新作「インドのゾウ」

絵の新作が完成しました! 「インドのゾウ」です。 ↓先日、歯医者さんにもらったこのゾウがモデルです ちょっと、鼻がわかりにくくなっちゃったけど、色合いは満足しています(*´ω`*) さて、次は何を描こうかな…。

体調管理

体温調節が苦手 暑い寒いがよくわからなくて、体温調節が苦手な私には、夏や冬は辛い時期です。 夏は、暑くてのぼせていることが分からず、熱中症になる。 だから、日中は本気で死んでます。 冬は、身体が冷え切っていることが分からずに、寒い中で平気で過…